« あ、肩にムシがついてる! | トップページ | 巻き込む力 »

2007年9月21日 (金)

きゅうり味のコーラが消えても

この夏が始まるころ、きゅうり味のコーラが発売された。

こういった飲み物に関しては新しもの好きな私は、すぐに購入して

「これは今年の夏が終わるころ、たぶんコンビニには並んでないな」と知人と話した。

実際、私の見る限り今はもうコンビニには並んでいない。

チキンラーメンの焼きそばだったかも発売されたが、もうあまり姿を見ない。

「いろいろ出てくるけど、やっぱり普通のコーラやチキンラーメンがいちばんうまいよな」

結局、そういう話になることが多い。

ではなぜ、それでもそんな新製品を出すのか?

いろんな周辺商品を出すことによって、いったんそちらに客が流れても、そのオリジナルの商品に戻ってくる戦略があるという話を聞いたことがある。

この話、この夏のコーラやラーメンの話に当てはめると納得する。

新製品を試すことによって

「やっぱり普通のコーラがいいよな」と従来の商品の良さを再認識する。

そうなるとこれまで以上に「普通のコーラ」が好きになる。

そういえば、きゅうりのコーラが売れなくても、

今年は同じメーカーの「普通のコーラ」は売り上げを伸ばしているようだ。

原点をもつ会社ならではの戦略かもしれない。

新製品がオリジナルのための当て馬ということはけっしてないだろう。

いや、オリジナルがあるゆえに、かえって大胆なチャレンジができるとも言える。

それによって新しいお客さんを集めることができるかもしれない。

そして、もし、だめでもオリジナルにお客さんが戻ってくる。

「ふーん、なるほどー」だけじゃなくて、

保育社に当てはめて考えてみないとな。

|

« あ、肩にムシがついてる! | トップページ | 巻き込む力 »

ふと思ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/16525471

この記事へのトラックバック一覧です: きゅうり味のコーラが消えても:

« あ、肩にムシがついてる! | トップページ | 巻き込む力 »