« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

初期のカラーブックスの案内を発見

昨日のブログで書いた「高野山」にはおまけがついていた。本の中に初期のカラーブックスの案内チラシがそのままはさまれていたのだ。↓

001

裏はモノクロ↓

002

こういうものを見るのはじつに楽しい。

表のスイスのベッターホルンのカラー写真は、当時の人々に「カラー写真」ならではのインパクトを与えたことだろう。「カラー写真の魅力 カラーブックス 現代人のホームライブラリー」と書いてある。

当時、テレビもまだ白黒だったから、こういったカラー写真は人々の旅情を刺激したに違いない。私も子どものころ、家にあったピクニックのレコードのジャケットに映っていた高原のカラー写真を見て、その風景から子供心に「ピクニック」というものにあこがれたものであった。

裏を見ると当時のカラーブックスのラインナップ。当然ながら前年の昭和37年に創刊したばかりだから1巻からすべてそろっている。記念すべき1巻は知る人ぞ知る「ヒマラヤ」。残念ながら、現在、保育社にはその資料さえ残っていない。カラーブックスのコレクターの方は古本屋で一生懸命探しているという話も聞いたことがある。

・・・・・・そして、気付いたのが「ヒマラヤ」の著者は「東京工業大学 川喜多二郎」とあることだ! この川喜多二郎先生とは、ビジネスマンには「KJ法」でおなじみの文化人類学者の川喜多二郎先生に間違いない。なんせネパールを主なフィールドとした先生なのだから「ヒマラヤ」なのだ!(その膨大な資料の情報整理法として考えられたのが、お名まえの頭文字をとってKJ法となった)。

そうか、あの川喜多二郎先生がカラーブックスの記念すべき1号の著者だったとは! なんだかうれしい。

ラインナップを見ていると初期のころのカラーブックスは、現在、保育社にないものが多い。古本屋さんで見つけたらコツコツ集めていこう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

初期のカラーブックスを発見

先日、実家に帰ったときに父親(昭和3年生まれ)の本棚で見つけたカラーブックス33「高野山」。定価200円。

001

昭和38年の初版である。現在は絶版になっている。会社に保管されている資料本は昭和59年に重版されたもので、表紙の写真が違うものになっている。↓

002

中に掲載されている写真も、ところどころ差し替えられてあり、編集者としては差し替えの理由・背景を考えたりするのもおもしろい(わかりやすいところで言えば、高野山をバックに走る電車が初版では「特急高野号」になっているのに対し、重版では「特急新こうや号」になっている)。

個人的には、昭和38年と言えば、私が生まれた翌年だ。このとき、父親は35歳くらいか。今の私より10歳も若い。昭和の高度成長期のこのころ、子ども3人をもつ35歳の父親がどんな思いで、この本を手にしたのだろう。歴史が好きな父親らしく、本の中にはところどころに年号を西暦に直したりした書き込みがしてある。もうすぐ80歳の父親に「高野山、行ってみようか」と言ったらなんというだろうか。

私が保育社にかかわることがなければ、父親の本棚の、こんな小さな1冊を手にとってしみじみ見ることもなかっただろうな。人生はおもしろい。そして、本のある人生はもっとおもしろい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年10月30日 (火)

かなり「だれでもトイレ」

先日、出張中に見つけた「だれでもトイレ」を紹介したが、本当に「だれでも使えるトイレなのか」とのコメントをいただいた。実際にどこまでの配慮がなされたトイレだったのかは確認していなかった。

関西で私が利用する駅にはこのようなトイレがある。↓

Photo_2

「車いす・オストメイト・乳幼児用の設備を備えています。どなたでもご利用ください」と書かれている。

ここまで書かれていると、「どなたでも」の範囲がわかって安心して使えるというものである。「さすが関西らしい気配りが行き届いている」と地元びいきしてみる(笑)(・・・・・・全国どこでもあったりして:汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

サイカチの木

サイカチという木をご存知でしょうか?(もともとは「西海子」や「皂莢」などと書くそうです。)川原や山野に生えて大木になる木で、その幹に棘(とげ)がいっぱい生えています。

それゆえに動物などは近寄りにくく、モズ(百舌)のはやにえ(食料説、なわばり説いろいろあるようです)にもよく使われるようです。その実はサポニンを含み、石鹸の代用、漢方薬となるため栽培されることも多い樹木です。

……などといきなり書きましたが、じつは私も“サイカチの木”知りませんでした。先日、宮城テレビ放送の「OH!バンデス」という番組のディレクターから「視聴者から“サイカチの木”について取り上げてほしいとの要望があったので、保育社の図鑑に掲載されている写真を使わせてほしい」との連絡があったのです。

Photo

たしかに「原色日本樹木図鑑」の108ページに載っています。もちろんOKを出し(保育社のクレジットをしっかり入れてもらいました)、無事10月25日に放映されたようです。

これからの季節、散策するときにいろんな樹木を観察するのもおもしろいですよ。保育社ではこの秋、●野山の木 Ⅰ、Ⅱ(各735円) ●人里の植物 Ⅰ、Ⅱ(各735円) ●樹木Ⅰ、Ⅱ(各1890円)を増刷いたしました。

これらの商品についてのくわしくは、保育社のホームページの「イチオシ商品」のところに、11月1日よりアップ予定ですので、ぜひそちらもご覧ください!

http://www.hoikusha.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

「だれでもトイレ」・・・・・・。

Photo_2

出張中に遭遇。

・・・・・・。

英語は「Toilets」のみ。

担当者が「だれでも」をつけたかったのだろうなぁ。

ドラえもんの影響はすごいものがあるとあらためて実感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

今日から出張

今から東京出張。来年刊行の新刊の打ち合わせ2件が主な用件。

新生・保育社らしい書籍を早くデビューさせたい。保育社らしく、しかもこれまでの保育社にはなかったような本を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

がんばれ!甲虫図鑑

10月も後半。ここのところ朝夕は冷え込んで寒い。本当はこれが当たり前なのだろうが、このところ地球温暖化で、秋の季節感が失われつつある。

ところで、季節感がないと言えば、うれしいこともある。「夏が旬」のはずの原色日本甲虫図鑑の売れ行きが、秋になっても好調を保っている。昨日も複数のお申し込みいただき、思わず「やったー」と拍手!

S営業企画部長によれば「虫の好きな人に季節は関係ありません」とのこと。たしかに!冬のボーナスや、下半期の予算で甲虫図鑑を買おうとされている方もおられるはず。まだまだ引き続き案内活動を続けるべく、11月の広告出稿に手を打つことにした。

冬を越すクワガタのように甲虫図鑑、まだまだがんばってくれ!(冬眠はしないでね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

12月12日放映「相棒」(テレビ朝日)に注目!

先日(10/16)、このブログに書きましたテレビドラマ「相棒」の放送日は12月12日(水曜日)に決まったとのことです!

Photo

鳥類研究室の教授室のどこかにある(!)保育社の「原色日本鳥類図鑑」をぜひ見つけ出してください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月18日 (木)

「カラーブックス占い」!?

「カラーブックスの達人」ブログを書いてくれている田端さんが「カラーブックス占い」というのをご自身のブログパーツに作ってくれました。↓

http://hoikusha.txt-nifty.com/colorbooks/

生年月日と血液型を入力すると、おススメのカラーブックスが選び出され(在庫のあるものです!)、一言メッセージが出ます。ぜひラッキーアイテムとしてお求めください!(笑)

ちなみに、さっそく私もやってみたら「洋酒入門」でした。「日本のウイスキーのふるさと」と呼ばれるところに住んでいる私には本当にぴったりの1冊です!

(ただ、この占いがどういう根拠なのかは教えてもらっていません。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

人気シリーズ「相棒」に!?

テレビ朝日の人気シリーズドラマ「相棒」。

Wpathum_2

シリーズ第6弾がこの10月24日からスタートしますが、そのドラマのなかで「鳥類研究室の教授室の本棚に並んでいる鳥類の図鑑」として、保育社の「原色日本鳥類図鑑」が使用されるようです。

何回目の放映なのか、まだわかりませんが(1回目ではないようです)、「伝書鳩」が事件の鍵になって、鳥類研究の教授室の場面が出てくる放送分のときは、ぜひその本棚にもご注目ください。原色日本鳥類図鑑が映るのは一瞬かもしれませんが。(笑)

ちなみに、今年の夏の日本テレビ24時間テレビのスペシャルドラマ「君がくれた夏~がんばれば幸せになれるよ」(タッキーと深キョンが夫婦役でした)のなかで、難病と闘う昆虫好きの少年「直也」くんが、病室でずっと大事に読んでいた本も、保育社の「名まえしらべ 林の虫」でした。

直也くんのドラマは実際にあった話が原作で(「がんばれば、幸せになれるよ」小学館 刊)、実際にその少年はなくなるまで当社の本を大事に読んでくださっていたとのことを制作会社の方から聞きました。そのような話をうかがうことは本を作るものにとって冥利につきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

仲間がいる

先週末に、中学で野球をやっている長男の大阪大会の準々決勝を見に行った。対戦相手はかつてKKコンビを輩出した名門P学園の中等部。残念ながら結果は1-0のサヨナラ負け。3位となった。

Pl3

その後、P学園は優勝。優勝チームに負けた大阪第3位なら立派なもんだとバカ親(私)は思うが、きっと息子はがっくり帰ってくるだろうと思い、先に帰った私は書店で彼を励ます本はないかと探し、3位のお祝いとしてプレゼントすることにした。

見つけたのはヤンキースの松井秀喜選手の書いた「不動心」。同姓ということもあり、以前より松井ファンではあるが、この本を読んでさすがに一流選手の心構えは違うなと感心した。

昨年、松井選手は守備の際、左手を骨折したが、その後に書かれたこの本ではその苦境をどのように受け止めたかが書かれている。

そこに書かれたいくつかのエピソードの中でも印象に残ったのは、けがをして病院に運ばれた際、医師が手当てのために彼のユニフォームを引き裂いたときの話だ。目の前で引き裂かれるヤンキース伝統のピンストライプのユニフォームを見て、松井選手は一瞬、「俺のユニフォームに何をするんだ!」と叫びそうになったという。それほど彼はヤンキースのユニフォームに誇りと愛情を持っていたのだ。

チームを愛することは、そこにいる自分も愛するということだ。自分の居場所を愛せる人は、いざというときもその場所での自分のやるべきことが考えられる。

そんな仲間がいるチームはすばらしい。長男も「チームのみんなは最高。だから俺ももっと練習しないと」という。そんな仲間がいることをありがたく思う。

保育社も、大好きな仲間のいる会社にしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月13日 (土)

企画企画企画・・・・・・

新刊の企画を考えなければ、と思いながらあっという間に一週間が終わる。

来年に刊行する本の企画を次から次へと考えていかなくてはと思いつつ、平日は打ち合わせや会議や電話や来客や締め切りやなんやかんやと言っているうちに時間が経つ。

20代の後半、広告制作から編集の仕事に変わったときに、編集会議で「特集タイトル100本出し」というノルマがあった。コピーライター上がりの私は「そんなの簡単」と思った。

しかし、広告コピーと特集タイトルは頭の使いかたが違う種類のものであることを知った。ざっくり言えば、コピーライターは代弁者であり、編集者は発信者だということだ。

「100本出せば1つや2つ、使える企画が出てくるかもしれん」と当時の上司は言った。これはコピーライターのときも言われた言葉だ。

ベテランになったらいい企画がスラスラ出てくるのかと思っていたがそうではなかった。「数が質を凌駕する」と教えられたのもそのころか。数をこなさなければ質は上がらないと。

それから20年近く。さすがにむだなエネルギーを使わないようにはなったが、それでもやはりいいアイデアはいくつも数をこなすなかからしか生まれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

元気が出る朝礼

保育社の朝は朝礼からはじまる。(といっても数人なので、はたから見たら立ち話をしているようにしかみえないかもしれないが)。前日の売上数字の発表と連絡事項、その日のスケジュールの確認などだ。

昨日は火曜・水曜と東京出張に行ってもらった営業のSさんの報告。

Sさんは出版界経験の長いベテラン営業マン。これまでは週に数回来てお手伝いをしてもらっていたが、今月からお願いして毎日出社して営業活動をしてもらっている。東京出張は8か月ぶりとのことで、次から次への東京での出来事が報告された。

「自ら目標や課題を作る」ことは保育社のモットーの「自律協働」の1つだが、さすがベテランのSさん。報告から「こうしてやろう、こうすればもっとうまくいく」という仕事への思いが伝わってくる。仕事はこうでなくてはいけない。

朝礼も下手をすると淡々とやり過ごすだけになりマンネリ化してしまう。仕事への思いが伝わると朝礼が元気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

数字の力

昨日は出張などもあり、オフィスには事務のSさんと私の二人。こういうときに限ってよく電話が掛かってくる。

いつもは電話はお任せ状態なのだが、こういうときは私もとる。しかし、これが書店さんからの電話だと、てんで戦力にはならない。(涙)

在庫の確認に「あ、○○○○(書名)ですね、しばらくお待ちください」とお待ちいただくことになる。Sさんたちなら頭の中に入っていて数秒で対応できることが、私の場合、その何倍の時間が掛かることがある。

書店さんなどの場合、その間もお客さんが電話の横で待っておられたりするかもしれないから、まことに申し訳ない思いがする。

調べて「えー、お待たせしました。在庫ですね、ございます、ございます」とあわててオロオロ電話対応する私を、先方はよもや社長だとは思わないだろうなぁ。

ささやかなチャレンジとして、電話を切るとき、何秒掛かったか、電話機の時間表示を見るようにしている。できるだけ短い時間で対応できるようにである。次は「あと5秒短くしよう」などと、ごまめの歯軋り程度の目標をもつ私であった。

数字というのは不思議なもので、「短くしよう」という漠然としたものが「5秒短く」となると急に現実的な力がつく。時間という見えないものに「5秒」という名まえがついて、見えるものになるからだ。

そういえばこのブログもアクセス数が4桁になった。やはり3桁よりも4桁になるとうれしい。同時に「更新しなくちゃ」という力も感じてしまい、PCに向かうのであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」

まだ先の話になりますが、NHK BS-hi の11月14日(水)22時〜22時44分放映の「わたしがこどもだったころ」という番組にて、保育社の本が登場いたします。

この番組は各界の第一線で活躍する方々の子ども時代を紹介する内容で、この放送日は作家・博物学者である荒俣宏さんの巻。

なんでも荒俣さんは東京の下町で過ごした少年時代に、貸本屋で借りた保育社の「原色日本魚類図鑑」に衝撃を受け、その後、大の本好きになったとのこと。

「原色日本魚類図鑑」・・・・・・原色図鑑のナンバー5なのですが、すでに絶版になっていて、私も見たことがありません。(涙)(「原色日本海水魚類図鑑1」なら在庫ございます)

番組内では荒俣さんがこの本を片手に、愛する魚について話をされるそうです。

荒俣ファン、魚ファン、そして原色図鑑ファンのみなさま、ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

やることとやらないこと

新生・保育社スタートから5か月がたった。

ミーティングでもう一度、やることとやらないことの見直しを行った。図に描くとこんな感じ。

Photo

われわれのような少人数の会社ではマンパワーが限られている。

やりたいことはあれこれあるが、やれることは限られている。そこで「手間」と「効果」の座標で4つのエリアを作ると、優先順位が見えてくる。

やりたいことを考えるよりも、まずは「やらないこと」のコンセンサスをとっておく。

今のわれわれでやらないことは当然(D)のエリアのことだ。

やるのは(A)>(B)(B')>(C)

(A)がいわゆる「金のなる木」といったところか。

営業、編集ともどもここからずれないで、作戦を立てていくこと。当たり前のようだが、うっかりしていると(D)に手を出していたりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

生き残る会社になるためには

とある資料を読んでいると
1年後60%
3年後40%
5年後15%
10年後5%
50年後0.7%
という数字。

これは会社の存続率とのこと。
設立して1年後に残っている会社は60%ということらしい。

また、日本書籍商業組合連合会の資料を見ているとこんな数字が。
2001年8853
2002年8288
2003年7838
2004年7463
2005年6683
これは日本書籍商業組合連合会の会員数である。

会員がこれだけ減っているというとは、書店がこの数年で激減しているということだ。
出版社としては売り場がそれだけ減っているということ。

これまた総務省の資料にはこんな数字。
2000年44.8%
2001年68.0%
2002年81.4%
2003年88.1%
2004年86.8%
2005年87.0%
インターネットの世帯普及率である。
本ももちろん、この数年で書店で買わずにインターネットで買う人が増えている。2007年の現在の普及率はさらに伸びているだろう。

世の中、この数年でこんなに変わっている。

人間、年をとると頭の中に新しいことが入り込むスペースがなくなる。
だから、これまでの経験や知識でものを考える。
でも、過去の成功事例は今は通用しないことも多い。

そこで最初の数字に戻る。
5年後には今年設立された100社のうち85社が姿を消す。

心しておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

扇風機よ、ありがとう!

あっという間に10月も4日目。

クールビズも終了して今週からは4か月ぶりにネクタイをしめての仕事に。

今年の夏の後半からわがオフィスで活躍してくれたのが、この扇風機。

この夏、流行った? KY(空気読めよ!)、ならぬKM(空気まわせよ!)だ。

Photo_2 

クールビスで室内温度を27度にしていたら、窓の多いうちのオフィスの昼間は暑くて仕方なかった。そこでカウネットで2台購入。

直接、風を受けるというよりも室内の空気を循環させてクーラーの冷気を全体的に広げる効果があった。

室内の温度差を作らないためには、つねに空気を循環させておくこと。

これって社内のコミュニケーションといっしょだ、なーんて今さらながら思ったりした。

ありがとう、KMくん。

でもこの扇風機、冬の暖房時にも役に立ちそうだから、1年中活躍してくれるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

「カラーブックスの達人」ブログ、スタート!

保育社カラーブックスの熱心なファンである編集者・田端宏章さんによるブログ、「カラーブックスの達人」がスタートしました。

こちら↓↓↓↓↓

http://hoikusha.txt-nifty.com/colorbooks/

知り合いの方から、「保育社のカラーブックスをこよなく愛している人がいます」と紹介してもらったのがきっかけ。

こう言ってはなんですが、「カラーブックス」については、田端さんは社長の私よりもずっとくわしいです!

カラーブックスのページをめくると、「古き良き時代、昭和」が見えてきます。そこを田端さんはちょっとマニアックで、かつ編集者的な視点で取り上げているところがおもしろいです。

これから紹介されるカラーブックスには「在庫切れ」のものもあるかとは思いますが、ブログからだけでも、カラーブックスがもつ雰囲気は十分、楽しんでいただけると思います。

この「社長の保育日記」ともども、ぜひ「カラーブックスの達人ブログ」もぜひ「お気に入り」に登録していただき、お楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月 2日 (火)

仕事の適性

先日、うれしいメールが来た。

以前、いっしょに働いていた私のメンバーがイギリスの大学院に通っていたのだが、
この秋から、その大学院の非常勤講師に採用されたという知らせだ。

非常勤講師の応募にあたっては、私が元・勤務先の上司ということで推薦文を書かせてもらった。(イギリスでは就職や転職時に以前の職場の上司の推薦状が必要なことが多いらしい。)
私の推薦状の出来が悪くて彼女の採用に不利になってはいけないと、一生懸命書いたが、それも悪い影響にはならなかったようで、ほっとした。(笑)

彼女は大学を卒業して、私のメンバーになってから、つねに自分自身の人生に目標をもち、その目標と会社の仕事上での目標を重ね合わせながら、毎年の目標設定を行っていたように思う。
だから、彼女が会社を離れるときも仕事の仲間としては残念ではあったが、むしろ卒業生を送り出すような、そこからの飛躍を応援したい気持ちであった。

彼女は人前でも理路整然と話せるし、機転やユーモアも利くので、海外の大学で日本語を教えるという仕事はまさに適職だと、私は思う。

しかし、本人は今回の仕事を受けるにあたり、「大勢の人前に立つのが苦手なもので自分に教師が務まるのかという不安などもありこの仕事を受けるかどうかかなり悩みました」というのだ。
でも、「最終的には、適性があるかどうかはやってみてから決めよう!と思い、挑戦してみることにしました」とのこと。

本当にそのとおりだと思った。

「向いている」とか「向いていない」は自分で決めるものではなく、それは単なる他人の評価に過ぎないことが多い。
自分は「やりたいか」「チャレンジしたいか」だけ。
それさえ自分でしっかり持っていれば、逆に他人の評価もそれほど問題ではない。
向いてなくても、やりたかったら他人がどう言おうと、やるしかない。
向いていても、自分に興味がないとやってもおもしろくない。

彼女に負けず、私も挑戦をしていくのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »