« やることとやらないこと | トップページ | 数字の力 »

2007年10月10日 (水)

荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」

まだ先の話になりますが、NHK BS-hi の11月14日(水)22時〜22時44分放映の「わたしがこどもだったころ」という番組にて、保育社の本が登場いたします。

この番組は各界の第一線で活躍する方々の子ども時代を紹介する内容で、この放送日は作家・博物学者である荒俣宏さんの巻。

なんでも荒俣さんは東京の下町で過ごした少年時代に、貸本屋で借りた保育社の「原色日本魚類図鑑」に衝撃を受け、その後、大の本好きになったとのこと。

「原色日本魚類図鑑」・・・・・・原色図鑑のナンバー5なのですが、すでに絶版になっていて、私も見たことがありません。(涙)(「原色日本海水魚類図鑑1」なら在庫ございます)

番組内では荒俣さんがこの本を片手に、愛する魚について話をされるそうです。

荒俣ファン、魚ファン、そして原色図鑑ファンのみなさま、ぜひご覧ください。

|

« やることとやらないこと | トップページ | 数字の力 »

宣伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/16712318

この記事へのトラックバック一覧です: 荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」:

» 保育社 [保育のことに]
保育をしてくれる施設を探しているが、近くに保育所がない――。 共働きの家庭にとって、条件に合った施設を探すのは、思いのほか困難なもの。 保育園に空きがない、乳児は受け入れてもらえない、年度途中で受け入れてくれるところがない、預かり時間が合わない等々、状況は..... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 10時56分

« やることとやらないこと | トップページ | 数字の力 »