« 企画企画企画・・・・・・ | トップページ | 人気シリーズ「相棒」に!? »

2007年10月16日 (火)

仲間がいる

先週末に、中学で野球をやっている長男の大阪大会の準々決勝を見に行った。対戦相手はかつてKKコンビを輩出した名門P学園の中等部。残念ながら結果は1-0のサヨナラ負け。3位となった。

Pl3

その後、P学園は優勝。優勝チームに負けた大阪第3位なら立派なもんだとバカ親(私)は思うが、きっと息子はがっくり帰ってくるだろうと思い、先に帰った私は書店で彼を励ます本はないかと探し、3位のお祝いとしてプレゼントすることにした。

見つけたのはヤンキースの松井秀喜選手の書いた「不動心」。同姓ということもあり、以前より松井ファンではあるが、この本を読んでさすがに一流選手の心構えは違うなと感心した。

昨年、松井選手は守備の際、左手を骨折したが、その後に書かれたこの本ではその苦境をどのように受け止めたかが書かれている。

そこに書かれたいくつかのエピソードの中でも印象に残ったのは、けがをして病院に運ばれた際、医師が手当てのために彼のユニフォームを引き裂いたときの話だ。目の前で引き裂かれるヤンキース伝統のピンストライプのユニフォームを見て、松井選手は一瞬、「俺のユニフォームに何をするんだ!」と叫びそうになったという。それほど彼はヤンキースのユニフォームに誇りと愛情を持っていたのだ。

チームを愛することは、そこにいる自分も愛するということだ。自分の居場所を愛せる人は、いざというときもその場所での自分のやるべきことが考えられる。

そんな仲間がいるチームはすばらしい。長男も「チームのみんなは最高。だから俺ももっと練習しないと」という。そんな仲間がいることをありがたく思う。

保育社も、大好きな仲間のいる会社にしたい。

|

« 企画企画企画・・・・・・ | トップページ | 人気シリーズ「相棒」に!? »

ふと思ったこと」カテゴリの記事

コメント

長男さん、大阪大会第3位ですか、すごいですね。
私も同じ大会の経験者ですが、一回戦負けでしたよ。

高校はLP学園進学で決まりでしょうか?それとも他の強豪校の特待生で(笑)。

投稿: Okio | 2007年10月17日 (水) 08時40分

コメントありがとうございます。長男はこの大会、完全に「守備の人」でした。(汗)
新チームになってからずっと勝ち続けて来たので、負けることもいい勉強になったと思います。

投稿: mats | 2007年10月18日 (木) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/16767927

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間がいる:

» 不動心 [読書感想文]
著者はニューヨークヤンキースの松井秀喜選手。文体からしておそらくインタービューした内容を編集者の人が文章にしたのではないかと思われる。左手首を骨折した2006年シーズン終了後に書かれている。松井選手といえばマスコミに対して誠実に対応することで有名であるが、私が一番驚いた彼のコメントはまだプロ入りする前、ドラフト1位で巨人に指名されたときのコメントだ。当時彼は星稜高校の主砲であったが、夏の甲子園2回戦で5打席連続敬遠されチームは敗退。星稜の山下監督は「優勝を狙えるチームだったのにあんなやり方は....... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 01時04分

« 企画企画企画・・・・・・ | トップページ | 人気シリーズ「相棒」に!? »