« 生き残る会社になるためには | トップページ | 荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」 »

2007年10月 9日 (火)

やることとやらないこと

新生・保育社スタートから5か月がたった。

ミーティングでもう一度、やることとやらないことの見直しを行った。図に描くとこんな感じ。

Photo

われわれのような少人数の会社ではマンパワーが限られている。

やりたいことはあれこれあるが、やれることは限られている。そこで「手間」と「効果」の座標で4つのエリアを作ると、優先順位が見えてくる。

やりたいことを考えるよりも、まずは「やらないこと」のコンセンサスをとっておく。

今のわれわれでやらないことは当然(D)のエリアのことだ。

やるのは(A)>(B)(B')>(C)

(A)がいわゆる「金のなる木」といったところか。

営業、編集ともどもここからずれないで、作戦を立てていくこと。当たり前のようだが、うっかりしていると(D)に手を出していたりする。

|

« 生き残る会社になるためには | トップページ | 荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

個人で仕事をしていると、そもそも効果を考えるところまで手が回らず、
常に手間の大小で考えてしまってる部分があります。
図で言えば、左半分。それがA、B'、Cになっているのかどうか、
1年くらい経たないと見えてこないんですが
その頃になるとすっかり忘れているという、
どうしようもない罠にはまっている今日このごろであります。

投稿: Q太郎 | 2007年10月 9日 (火) 21時24分

Q太郎さん、コメントありがとうございます。たしかに左半分はローリスクですから、優先順位は高いですね。(A)がハイリターン領域。(B’)(C)がローリターン領域。1年後(A)で帰ってきてもらいたいものです。

投稿: mat | 2007年10月10日 (水) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/16678035

この記事へのトラックバック一覧です: やることとやらないこと:

« 生き残る会社になるためには | トップページ | 荒俣宏さんの「わたしが子どもだったころ」 »