« 続々「だれでもトイレ」情報 | トップページ | 続・年末年始に似合うカラーブックス »

2007年11月18日 (日)

吉兆よ、よみがえれ!

高級料亭「吉兆」が食材の偽装表示で取り調べを受けている。

保育社と「吉兆」は深い縁がある。旧保育社の創業者・今井龍雄氏が、吉兆の創業者・湯木貞一氏とロータリークラブの仲間であったことから「あなたの料理は芸術と言ってもよいと思うので、ぜひ本にして後世まで残したい。写真は入江泰吉さんにお願いしたい」と申し入れて了解を得た。(今井龍雄『私の履歴書』より) 

そして出来上がったのが、昭和53年保育社刊行の『吉兆』である。

板前さんの初任給が1万5千円くらいの時代、この本の定価は8万円という超豪華本。それでも全国の板前さんや料理愛好家などにたいへんな評判を呼びたちまち売り切れた。(現在、絶版) ・・・・・・保育社にも1冊だけ資料本で残っているのが、今はちょうど手元になく写真で紹介できないのが残念。後日、できればアップしたい。

取り調べを受けている社長、取締役の名前が「湯木」姓であるから、経営陣は創業者の一族であろう。「一期一会のおもてなし」を大事にした創業者の精神はどこへいってしまったのか。

また、こういった事件のときにいちばん気の毒なのは、現場で一生懸命に働いている人たちだ。料理長でさえ偽装を知らず、本部で勝手に進められていたと新聞には書いてある。現場ではまったく疑いもなく信じてお客さまに調理しておもてなししていたことが、お客さまを裏切っていたと知ったときのショックは想像に難くない。

湯木貞一氏は晩年、「商売はお金より、いいお客に恵まれることのほうが大事だ」と語っていたらしい。その心を守り続けてきた現場の調理人とそれを裏切った経営陣。しかし、客にしてみれば裏切ったのは「吉兆」というお店全体であり、それには経営者も調理人もすべてが含まれる。

サービスの世界でも頂点に立つような企業では「100-1は0である」と言われると聞く。99ができていても、1ができていなければそのサービスはゼロに等しいという意味である。99人の人に満足してもらっても、100人目の人が満足できなければその100人目の人にとってはサービスのよいお店ではない。また99人の従業員がよいサービスをしても、1人がよいサービスができなければ、その人にサービスを受けた1人のお客さまにとっては、これもまたサービスのよいお店ではなくなってしまう。

「伝統を守る」とか「こだわりの技」などというのは簡単だが、「建設は死闘、破壊は一瞬」の言葉通り、うわべだけでは実践できない。全員が心を1つにしていくことは、毎日の積み重ねによってしかできず、しかもそれは、一人ひとりが本気で取り組まねばできないことである。

心ある従業員たちによって、創業者の志をついだ「吉兆」がよみがえることを願う。

|

« 続々「だれでもトイレ」情報 | トップページ | 続・年末年始に似合うカラーブックス »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

本論とは外れますが、現在の吉兆各社の経営陣。いわゆる「二代目」は、みんな創業者の娘婿にあたるんだそうです。
ニュース等に露出度の高い例の専務は、三代目。

暖簾分けした各社の関係とか、人間関係とか。
妙なところで「華麗なる一族」みたいなドラマを意識してしまいました。

投稿: Q太郎 | 2007年11月18日 (日) 20時59分

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
湯木貞一氏の「商売はお金より、いいお客に恵まれることのほうが大事だ」の言葉、本当にその通りだと思います。
このような素敵な記事をココログで書いてくださる方がいることを誇りに思うと同時にとても嬉しく思っています。今日も素敵なブログとの出逢いに、心から感謝です!
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年11月18日 (日) 22時33分

コメントありがとうございます。「華麗なる一族」、湯木家はどうなってしまうのでしょうか。
フィッツジェラルドの小説、邦題「華麗なるギャツビー」には皮肉を込めて「華麗なる」がつけられたと読んだことがあります。
一時は、一部でカレーの販売まで手をのばしていたらしい吉兆はまさに「カレー成る一族」……失礼しました。

投稿: mats | 2007年11月20日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/17108847

この記事へのトラックバック一覧です: 吉兆よ、よみがえれ!:

« 続々「だれでもトイレ」情報 | トップページ | 続・年末年始に似合うカラーブックス »