« 季節はめぐる | トップページ | 吉兆よ、よみがえれ! »

2007年11月17日 (土)

続々「だれでもトイレ」情報

またも東京で見つけたトイレ表示。↓

Photo

ここまでやればかなり「だれでもトイレ」だろう。

しかも、案内板としての機能で言えば、これなら「だれでもトイレ」と書く必要はない。

この5つのマークがつくトイレを総称して「だれでもトイレ」と呼ぶというコンセンサスが取れていれば、「近くにトイレありますか?」「ふつうのトイレならこの先に、『だれでもトイレ』ならその奥にありますよ」という会話も成り立ち便利ではあるのだが。

ちなみにこの案内はJR東京駅のものである。先の「だれでもトイレ」も同じ東京ではあるが、地下鉄のものである。ここはJRに軍配をあげたい。

|

« 季節はめぐる | トップページ | 吉兆よ、よみがえれ! »

だれでもトイレ」カテゴリの記事

コメント

確かに「だれでもトイレ」というのは、その名称が一般化しないと
おもしろさが先に立つだけであんまり意味をなさないですね。
それも一地域だけじゃなくて、東京となれば全国はおろか、
世界中に周知徹底できる標準化がないとダメではないかと思います。
そういう視点で言えば、ピクトグラムに勝るものは、現段階では存在しないんでしょうね。

投稿: Q太郎 | 2007年11月18日 (日) 20時51分

コメントありがとうございます。まさに「おもしろさが先に立っている」状況にあると思いました。
「どこでもドア」のような「どこでもいける」「どこでも開ける」と言った明快さがないところが苦しいと思います。

投稿: mats | 2007年11月20日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/17080961

この記事へのトラックバック一覧です: 続々「だれでもトイレ」情報:

« 季節はめぐる | トップページ | 吉兆よ、よみがえれ! »