« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月28日 (金)

仕事おさめ

今日で仕事おさめ。

いろいろあった1年だった。仕事が終わってからみんなで事務所でささやかな打ち上げ。以前にお客さまからいただいたお酒(以前この日記にも書いた)をいただく。これがめちゃめちゃおいしかった。

来年の今の時期にはもっともっと、もっともっと幸せな1年であったと思えるようがんばりたい。

今年1年、お世話になった皆さま、ありがとうございました。来年もどうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

社長の日

兼務をしているせいもあるが、仕事はたまる一方でなかなか消化できない。また、平日は会議や電話やなにかで、長い時間、集中が必要な仕事も手がつけられなかったりする。

以前にそんな話をある社長さんに言ったら「私もそうです。ですから、私は月1回は土曜か日曜に『社長の日』という日を決めて出社して、その日は1日、平日にできない案件をじっくり考えたりする社長業に専念する日に当てているんですよ。まぁ、社長になったらいつだって仕事から開放されることはないですから、休日出勤もなにもあったもんじゃないですが、それでも自分にそういう時間をつくることが仕事のメリハリをつけるためにも必要ですよ」とアドバイスをいただいた。

それで、私も月の後半の週末に1回、自分で「社長の日」と決めて出社するようにしている。12月は保育社にとって年度末でもある。だから今月の「社長の日」は、来年度の計画をより具体的なものに落とし込んでみた。

「おっいけるなー」「あっこれじゃ、やばいじゃん」「いい感じいい感じ」「うーん、これではあかんぞ」「あともう少しほしいなぁ」・・・・・・PCでシミュレーションして、独り言を言いながら作業する。その姿、誰かが見ていたらかなり気持ち悪いだろうな。(笑)

しかし、「社長の日」も計画を立てて過ごさないといけない。思いつくままに手をつけてしまうと、あっという間に1日が過ぎてしまって、「これはまた来週にやらないと」となってしまうから要注意だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

県庁の星

金曜日に香川県の高松に出張してきた。目的は来年の4月、保育社が社運を掛けて刊行する本の著者との打ち合わせ。(もちろんすべての本に社運が掛かっていますが!)

002

著者が香川県庁の職員の方なので、打ち合わせは香川県庁にて。香川県庁新館の建物はまだ新しくてすごく立派。高松にはこれまでも何度か来ているが、県庁は初めてだ。「でも、どこかで見たような気がするなぁ・・・・・・」と思いながら、それ以上の記憶は出てこない。

003

しかし、打ち合わせの最上階の展望喫茶室に行ってますますその思いが強くなる。「この建物、立派ですよね」。私がそう言うと「この建物、昨年でしたか、映画のロケに使われたのですよ」と著者の方。

!! わかった!去年、映画「県庁の星」(主演:織田裕二・柴咲コウ)で見たんだ! そしてこの展望喫茶は映画の中でも出てくる場所だ(喫茶のお姉さんに確認すると、実際はより窓からの景色の良い場所に撮影用のセットを組んだらしいが)。

004

(セットを組んだと思われるフロア。この日は曇っていたので見えないが、晴れると海が見渡せる)

そんな展望喫茶室で打ち合わせは順調に進み、「ぜったいに実売○○部、成功させましょう!」著者とかたく約束を交わし(○○部分は秘密:笑)、さぬきうどんを食べて高松を後にしたのであった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

社長の視座

先週末土曜日の朝日新聞「be」のフロントランナーの記事、ケンウッド会長・河原春郎さんのインタビューでの一文。

Photo

「社長と課長の視座は違う。リスクの小さい計画をいくら足しても会社の戦略にはなりません。社長の仕事は全社のリスクを負って方向性を決めること。多くの社長はそこも部下に下請けさせるから、外から大波をかぶったときに判断できない。」

「さすが再生請負人」と、深く納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

混浴温泉

「カラーブックスの達人」ブログが更新されました。今回のテーマは「ジャケ買いカラーブックス集 その1」で、カラーブックスのなかでも、表紙に惹き(ひき)があるものを紹介してくれています(絶版が多いのが残念ですが)。インパクトがあるのはやっぱりこれかな?   「混浴温泉」。それにしても田端さん、保育社にも残ってないのに、よく持ってるなぁ。(笑)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 8日 (土)

忘年会

昨日は「教育図書出版会」の忘年会に初めて参加させてもらった。初めてごあいさつさせていただく方々ばかりなので少し緊張していったが、気さくな方ばかりで楽しいひとときであった。3次会?4次会?まで行ってホテルに戻ったのは2時過ぎ?

それにしてもあっという間の1年であった。去年の今ごろはまだ、1年後に自分が保育社の社長になっているなどとは思っていなかった。「社長になってどうですか」と昨日の忘年会でも聞かれたのだが、なかなか一言でうまく言い表せない。思っていたよりもずっとたいへんと言えばたいへん。これまでも、自分の仕事は自分の責任の下でやってきたという自負はあった。でも、一社員の「責任」と経営者の「責任」はまた別物である。違いは最後は結局、自分で乗り越えるしかないという覚悟か。

楽しいこともうれしいこともまた別物である。入金があると純粋にうれしい(笑)。ちょっとした一言ですごくモチベーションがあがったり、下がったり(それではイカンのだが)。これまで、当たり前のように思っていたことが、これまでと違って思えることがたくさんある。

と言いながらもいっぽうで、ささいなことで一喜一憂しなくなった自分もいる。大事なことは大きな流れを自分の中で作り出し、そこからブレないこと。すぐには思うようにいかなくてもあきらめないこと。流れをつくることが社長の仕事であるからだ。

これからまだまだ忘年会シーズンではあるが、今年感じたいろんな思いは忘れずに来年に向けていいことはさらにプラスに、悪いこともプラスに転じていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

+DESIGNING(プラスデザイニング)に紹介されました

デザイナーのための雑誌「+DESIGNING(プラスデザイニング)」(毎日コミュニケーション刊行)。現在、発売中の2008年1号に保育社が紹介されています。

表紙↓http://www.plus-designing.jp/

Designg_001

見開きで保育社の図鑑類が紹介されました。↓

Designg2_002

「保育社応援団」のやくみつるさんがインタビューに答えてくれて文章が構成されています。↓

Designg2_001_2

ただ、せっかくご紹介いただいたのに、「世界の昆虫」や「世界の名車」シリーズは今は絶版になっているのが心苦しいところではあります(今回の撮影には社内の資料本をお貸ししました)。古書店などでお探しください。

今の図鑑はある意味ではもっとビジュアルが大きく扱われていたり、トリミングもダイナミックなものがあったりして、それはそれで見るのも楽しいのですが、保育社の図鑑はシンプルそのもの。解説も詳細に入っているところが「質実剛健」な感じです。それが多くのファンを魅了したのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »