« カラーブックスの達人ブログ更新! | トップページ | 冬休みに読んだ本(2) 「虐待の家」 »

2008年1月 9日 (水)

冬休みに読んだ本(1) 夢をかなえるゾウ

冬休みに3冊ほど本を読んだ。

001

「夢をかなえるゾウ」(水野敬也著 飛鳥新社)

妻にすすめられて読んだ。うまいつくりの本である。関西弁でしゃべるゾウの神様「ガネーシャ」と、いけてないサラリーマンが主人公である。ふざけた設定だが、もうそれが企画のスタートである。タイトルどおり、「夢をかなえるため」の指南書である。本書内にも書いてあるが、その内容はどこかのビジネス書(とくに自己啓発本)に書いてあるようなことばかりではある。しかも、下世話な話だ。

「食事は腹八分目に」「トイレそうじをしろ」「毎朝、全身鏡を見て身なりを整えろ」「プレゼントをして人を驚かせろ」「人の長所を盗め」・・・・・・。

これだけを見てもちっともおもしろくない。しかし、ユーモアセンスの良さと話の切り口、そしてわかりきったことを読む読者の心理を知って飽きさせない構成のうまさに、一気に読まされる。ビジネス書という範疇から飛び出しながら、内容はしっかりビジネス書。でも書店なら、文芸の棚でも実用書の棚でも置けそうだし。売れるだろうなぁ、というか実際売れているようだ。

|

« カラーブックスの達人ブログ更新! | トップページ | 冬休みに読んだ本(2) 「虐待の家」 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

自分自身ビジネス書の類は苦手と言いますか、ついつい敬遠してしまいがちになります。

今まで読んで(滅多に読みませんが)良かったと思ったのは4~5冊・・・

あ、もちろん正しい社内の歩き方と部下取扱説明書は大切にしています(笑)

本当に面白い本を読めば、少しくらいは成長できるわけだし、苦手だからと言って避けてばかりもどうかなと考えていました。

アマゾンのレビューも高い評価だし、今日あたり本屋によってみようと思います。

それにしても、面白いビジネス書をすすめてくれる奥さんは立派ですよね。
うちではそんな事、まず無いです。


投稿: tosi | 2008年1月10日 (木) 12時13分

コメントありがとうございます。
私の著書を読んでくださっているとのこと! ありがとうございます。今では書店で並んでいることもなくなりました(先日、ブックオフで見つけて買おうかどうか一瞬迷ってやめました:笑)。
私は仕事柄もありますが、ビジネス書はよく読みますが(多くは斜め読みですが)、昔は好きだった純文学系の小説が読むことが極端に減りました。また、ゆっくり読みたいと思っているのですが。

投稿: mats | 2008年1月13日 (日) 14時17分

実はわけあって社内の歩き方と部下取扱説明書はサイン入りの本だったりします。

夢をかなえるゾウは読み始めたところですが、所々で「フフ」って声に出して笑ってしまいます。

まだ半分も読んでいないのですが、残りのページも楽しみです。

最近スランプ気味だし、とりあえず本の内容を実行したりしています。

投稿: tosi | 2008年1月15日 (火) 21時10分

え!? サイン本!?
それはかなり希少です。(価値があるとは申しません)

投稿: mats | 2008年1月23日 (水) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/17632650

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みに読んだ本(1) 夢をかなえるゾウ:

« カラーブックスの達人ブログ更新! | トップページ | 冬休みに読んだ本(2) 「虐待の家」 »