« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ライブをやりました

ゴールデンウィークには毎年恒例の大学時代の音楽サークルのOBライブが京都で開かれます。

昨年は見るだけの参加でしたが、今年は大学時代に活動していた同期の3バンドの混合バンドで出場しました。

008

前日に4時間ぶっ通しで練習したので、ベースの私は当日は指にマメができてしまったのですが、頼れる他のメンバーのおかげで思ってた以上の演奏の出来になりました。

練習のときに思ったこと。ギターのトヨナガは見事な音作りをしてきて、練習が始まったとたん「おーっさすがトヨナガ、完璧な音作りやなー」と思いながらも、大学時代からギターの名手だった彼のことだから特に口に出さなかったのです。

ところが後から練習に参加したもう一人のギターの名手、ダイコクが、その音を聞くなり「めっちゃええ音つくってるなー」とほめたとたん、トヨナガは「おお、さすがダイコク、わかってくれたか!俺、この音必死で作ってきたのにだれも今までほめてくれへんから、後で暴れたろかと思ってたんや!」と喜んでいました。

教訓:「いくつになっても、いくらうまいとわかっていても、思ったことは言葉に出してほめるべし」

うちのサークルではバンド活動のほかに毎週土曜日に「シングアウト」といって、みんなが大学の隣の京都御所に集まってギターを囲んで歌うという活動がありました。OB会のフィナーレはその「シングアウト」です。もう三十年近くも前に歌ったですが、歌いだすと案外歌えるもんです。やはり若いころの記憶力はたいしたものです。

みんなで歌うと気持ちは大学時代(とくにまだ見ぬ未来に夢と希望にあふれていた1回生のころ)に戻ります。この先輩・後輩・仲間たちと過ごした大学時代は私の青春の原点だよなぁとしみじみ思いながらOB会は幕を閉じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

ハワイに行ってきました

保育社の親会社であるメディカ出版の30周年記念で、先週にハワイに行ってきました。メディカ出版は30年で、私はメディカ出版で15年目(去年から保育社ですが)を迎えました。

Photo

4泊6日で平日を3日使うので、前後の業務はたいへんでしたが、やはり日常を離れてゆっくりすると、仕事のこともふだんとは違う視点で考えられたり楽観的に思えたりで、やはりこういう旅行もいいなと思いました。

モアナサーフライダーで行われたパーティーでは、私と営業担当執行役員のS井さんがムームーに金髪カツラで登場して会場をドン引きさせた以外は(汗)、みんなが趣向を凝らした演出で、ハワイの夜もたいへん盛り上がりました。

楽しい旅をするには「どこへ行くか」も大切ですが、もっと大切なのは「だれと行くか」です。「このメンバーと行く旅行だからこそ楽しい!」というのが、社内旅行では大切だと思います。

保育社でも5周年を迎えるときには、しっかり利益を出して記念海外旅行に行きたいと思います。(^-^)v

さて、この旅行はパーティー以外はほぼ自由行動だったのですが、その時間を利用して旧友に会うという楽しみもあり、その2人にも会うことができました。

一人は結婚してハワイに在住している大学時代のサークルの後輩。もう一人は私の以前勤めていた会社のメンバーで、今は日本人向けハワイ最大の情報サイト「モーハワイ★コム」の編集長をやっている「へなちょこ・しゅん」氏です。
モーハワイ★コム → http://www.mo-hawaii.com/
彼にいろいろ案内してもらったおかげで、 ハワイ初体験の私も楽しませてもらいました。写真は彼に案内してもらった、ハンバーグやトマト入りの野菜炒めがおいしい「リリハ・ベーカリー」での1枚。
Photo_2

帰国後、彼の「へなちょこブログ」をみたら私のことも紹介してくれていました(4/18分)。
http://shun.blog.mo-hawaii.com/2004.html

へなちょこブログ →http://shun.blog.mo-hawaii.com/

彼はもうすでに何冊ものハワイのガイド本を出しているのですが、
ちょうど今月19日には彼のメールマガジンが1冊の本になってダイヤモンド社から刊行されました。ハワイ案内のお礼にここでも宣伝しておきます。

へなちょこ日記(ハワイ嗚咽編) →http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E3%81%B8%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%93%E6%97%A5%E8%A8%98-%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E5%97%9A%E5%92%BD%E7%B7%A8-%E3%80%8F-%E3%81%B8%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%93%E3%83%BB%E3%81%97%E3%82%85%E3%82%93/dp/4478076294

思ったことを思うがままに自由自在に書いています。彼はブログで私のことを「師匠」と紹介してくれていますが、この「自由さ」は頼りない師匠をとっくに越えていて、とてもマネできない彼の持ち味です。読んでいて「よく次から次へといろんなことをおもしろく書けるなぁ」感心しました。

しかも、かなり分厚いのに税込み1575円とお買い得。眠たくなったらマクラ代わりにもなります!(笑) ハワイ好きな方はもちろんですが、そうでない方にもオススメします。

さて、保育社へのハワイみやげは、定番のものばかりですが↓

Photo_3

もう一つ、行く前に買っておいたおみやげはこれ↓

001

じつは今年のはじめから保育社オフィスの冷蔵庫が壊れて、ただの「蔵庫」になっていたのですが、「冬だからまぁいいか」と買い換えていませんでした。今回は快く送り出してくれた保育社のみんなに感謝を込めて、出発直前に駅前の電気屋さんで注文してから出かけたのでした。これで今年の夏も冷たいお茶が飲めます!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

いよいよ出ます!                       ケアマネ受験対策の決定版!

まもなく保育社から、ケアマネ受験対策本の決定版が出ます!

その名も「ケアマネ受験一発合格!」 そのままのタイトルです。税込で2310円です。

001

今月の25日ごろから全国の書店に並びます(資格本コーナーか介護関連コーナーのある書店)。目印はこのクマのイラスト。彼の名前は「ちからツキノワグマくん」といいます。書店さん(とくに女性のご担当者)からは「かわいい!」と好評です。本屋さんに行ったらこのちからツキノワグマくんを探してみてください。背中には「力」の白い毛があるというチャーミングな後姿も本の裏側に載ってます。

002

本の大きさはA4サイズ(大きいサイズ大学ノートの大きさ)ですから、書店でも見つけやすいし、勉強の際も読みやすいです。

著者の西原修造先生は10年間、ずっとケアマネ試験を分析し続けてきて、その傾向をバッチリ把握して、いちばん効率よく勉強ができるようにこの本をまとめあげました。

試験まであと半年弱。今年で一発合格を狙う方に強く強くオススメします! 保育社のホームページ「イチオシ商品」からもメールでのお申し込みができますhttp://www.hoikusha.co.jp/recommend/index.html

ケアマネ受験対策本をすでに買ってしまったという方も、立ち読みでもけっこうですので一度、この本のページをめくってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

お宝発見!?

先月、【保育社知っ得メールマガジン】創刊記念として、読者1名さまにS営業部長の机の中から十数年ぶりに発見されたというレアものをプレゼントした。

そのプレゼントとは・・・・・・ 今ではもうぜったいに手に入らない(手に入ってももうあまり使う機会がない!)旧保育社の500円テレフォンカード。未使用(当たり前か) 

見つかったのがたった1枚だったので1名さまへのプレゼント。

われながら「ショボいプレゼントやな~!」と言ったところ、S営業部長が「ショボいとは聞き捨てなりませんっ!」といつもは穏やかな目をかっと見開いて私をにらんだ。

そして先日、朝、会社に来てみると私の机の上には・・・・・・

Photo

なんと4枚の未使用テレフォンカード! 

「ややっ! これは・・・・・・!」と私が言うと、S部長が勝ち誇ったような目をしながら「家中探したらありましてん (ニヤリ)」と言った。

ということで、またプレゼントに使わせてもらいます。

えっ?いらない・・・・・・(((^_^;) 

それでは【保育社知っ得メールマガジン】のなかで欲しい方だけへのプレゼントにします。これを機に「メルマガ読んでみようかな」と、ご興味もたれた方は下記アドレスまで「メルマガ希望」とタイトル欄に書いてメールをお送りください。直近の配信よりお送りします(もちろん無料)。eigyo@hoikusha.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

電気のたまりやすい男

昔から冬場になると静電気がたまりやすい体質なのか、よく「バチッ」とくる。それがなぜかここ数年、ますます激しくなってきた。

クルマなどに乗るときはドアにさわるのに緊張する。最近はガソリンスタンドもセルフばかりになったので、「中年男性、静電気でガソリンセルフ給油時に引火」などという新聞見出しを思い浮かべながら恐る恐る給油のホースの取っ手にさわる。

会社のM田さんは、私がクリップドライブを手渡したときに「バチッ」と電気が伝わって以来、「社長、いったん机においてくださいっ!」と言って、私から直接モノを受け取ろうとしない。

それでこの冬はこんなものを買ってずっと着用している。↓

Photo

このリストバンドをしていると商品名のごとく「スパークノン」だというのだ。実際、着用以来「バチッ」と来ることもなくいい感じだったのだが、冬も終わろうというこの時期、安心しきっていたら立て続けにクルマのドア、会社のドアで「バチッ」と来た。毎日していたら効能が薄れたのだろうか、それともリストバンドのキャパを越えたのだろうか?

金と運はたまってほしいが、ストレスと電気はたまってほしくないと思う春先である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

今月の企画ブレストミーティング

先週の金曜日に4月の企画ブレストミーティングを行った。ブレストなので「質より量」「イチャモン(批判)禁止」「相乗りOK」が掟である。2月からスタートして今回で3回目だが、だんだんみんなも慣れてきた感じがする。

「質より量」はつまり、量をこなすことによって質が上がってくるということである。また量をこなした質こそ「安定した質」であるとも言える。

今回の提出されたネタは全部で85本。そのうちの27本を出してくれた総務経理の笹○さんに「今回のいちばんで賞」を、下調べをがんばってきたM田さんに「今回のがんばったで賞」プレゼントした。

↓(いちばんで賞:桜の季節なので桜のお香)

002

(がんばったで賞:あぶらとり紙)

001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 4日 (金)

ついに首位!

プロ野球パリーグ、楽天が首位である!(4月4日の朝現在) まだはじまったばかりであるが、それでも4年目にしてはじめての単独首位である。

私はとくに楽天ファンではないのだが、じつは野村監督ファンではある。それも子どものころの南海ホークスのころから。巨人のON、阪神の村山、田淵も子供心にかっこよかったが、パリーグの南海のキャッチャーで4番でしかも監督という野村もインパクトがあった。しかも、ONのように派手にテレビにでも出ず、出れば漫才師のような風貌でボソボソぼやく姿も、それはそれで「こういうのもありなんやなぁ」と思ったものだ。京都の公立高校出身というのもシンパシーを感じる。

野村監督がよく言う言葉で私が手帳にメモっているものがある。

意識が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば運命が変わる。

運命が変われば人格が変わる。

深みのある言葉である。ヨメさんや息子のことは置いておいて、監督としてはわかりやすくすばらしい指導者だと思う。山崎選手の活躍やチームのムードなどを見ていると、もしかしたら奇跡も起こらないとは限らないと思わせる春である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

プロのアルバイト

今日のグッド&ニューでも話した話。

昨日、帰宅の途中にコンビニへ。支払い時、あいにく5000円札しかなかった。店員さんは笑顔でおつりを返してくれて私が出口に向かおうとしたとき、「お客さま!」と呼び止められた。

「?」と思って振り返ると、店員さんが「先ほどのおつりの1000円に・・・・・・」と言う。もしかしてもらいすぎたのかな?それとも今どき2000円札が混じっていたとか? 一瞬いろいろなことが頭を駆け巡る。

「先ほどのおつりの1000円にしわくちゃのものが入っていました。きれいなお札があったので取り替えます」と言うのだ。

「えッ?あっ、はい・・・」たしかに1枚しわくちゃなやつがあったのだ。私はそいつを取り替えてもらった。私の驚いた顔に気がついたのか、店員さんは「しわくちゃなお札が入っているとちょっと気持ち悪いですよね」とすかさずフォロー。

「ええ、そうですね。ありがとう。・・・・・・学生さん?」と私が言うと「はい、そうです」と店員さん。思わず「うちにアルバイトに来ない?」と言いそうになった。(笑)

孔子の言葉に「己の欲せざるところ人に施すなかれ」というのがあるが、これは仕事の基本でもある。自分が食べたり、買ったりすると思っていたら食物偽装事件みたいなものだって起こらなかっただろう。

こういう対応は職場の教育で身につくものではなかったりする。本人がもって生まれたり、育ってきたなかで身についてきたセンスがあるかないかで大きく左右されるからだ。働く仲間としては、最初からそれが自然にできる人を採用できるのがいちばんいい。

そもそもマニュアルに「しわくちゃのお札はできるだけお客に渡さないこと」みたいなレアケースまで書いていたらマニュアルは電話帳みたいになってしまう。しかも、そういうセンスのない人に限って「だって、そんなことどこにも書いてないし、だれにも言われたことありませーん」とか「私は別にしわくちゃのお札だって気になりませんから」とか言うから困ったちゃんである。

そういう意味では昨日の店員さんは「プロ」としての仕事をしてるなーと思いながら、ちょっとさわやかな気持ちで家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »