« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

『ケアマネジャー試験合格勉強法』ブログがスタート!

10/29の今年のケアマネ試験まであと3か月を切りました!

今からが本番、これから本気という人も多いと思います。「出遅れたっ!」という人もまだまだこれからが勝負です。

Photo_6

保育社ではこの4月に『ケアマネ受験一発合格!』を刊行しましたが、①受験参考書 ②過去問題集 ③予想問題集 の3つの要素をギュ~っと薄い1冊に詰め込んだこの本こそ、今からの勉強にお役に立ちます!

そして、本日よりこの本の著者・西原修造先生による『ケアマネジャー試験合格勉強法』ブログがスタートいたしました。scissorsscissorsscissors

http://hoikusha.txt-nifty.com/caremanager/

これから試験までの3か月を、受験される方の勉強のフォローをいたします。もちろん、全編、新作書き下ろし!です。(笑)

『ケアマネ受験一発合格!』で勉強される方にはこの上ないアドバイザーの登場です! 「お気に入り」にご登録いただき、勉強のペースメーカーに、息抜きのひとときに、私設応援団と思って・・・・・・ご活用ください。

『ケアマネ受験一発合格!』のお求めは全国の大型書店さんへ! 保育社のホームページからもご注文いただけます。↓

http://www.hoikusha.co.jp/recommend/index.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

「保育社の学習全科図鑑」

先日、京都にいきました。木屋町・高瀬川沿いを歩いていると、廃校になってしまった「京都市立 立誠小学校」がありました。今はなにやらイベントなどの会場として使われているようです。100年以上の歴史ある小学校。建物も味があります。

008

中に入ると、なんとも懐かしい学校の姿・・・・・・!

007

で、元・資料室らしき部屋で、こんな本棚↓を発見。もしかして保育社の本があるのでは?と探してみました。

005

ありました! 私も初めて見た「保育社の学習全科図鑑」。これは学年ごとにつくられた「全科」が載っている図鑑です。昭和40年代前半につくられたもの。まさに私が小学生のころですね。見た覚えはないけれど、懐かしい感じ・・・・・・。

002

ページを開けてみるとこんな感じ。↓

003

もちろん、今は売っていませんし保育社に資料本さえありません。

いつか処分するようなことがあったら、ゆずってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

「客離れ」の瞬間

7月いっぱいで、通っていたフィットネスクラブTをやめることにしました。

通勤途中の高槻駅の目の前にあって、平日23時まで営業なので、たいへん便利なのです。ただ、1つの事件がきっかけで、「このジムやめよう!」と思いました。

事件とはトレーニングシューズの紛失です。トレーニング後のシャワーを浴びるあいだ、うっかりシューズをロッカーに入れずベンチの下に置いたままにしていたのですが、そのわずか5分ほどのあいだに私のシューズがなくなってしまいました。

清掃スタッフか、だれかが間違ってもって帰ってしまったのかもしれないとすぐフロントに届けましたが、見つかりません。

それはそれで仕方がない。ロッカーに入れ忘れた私にも非があります。それだけでジムをやめようとまでは思いませんでした。そこからのジムの対応にいろいろ問題を感じました。

・・・・・・書き出したらきりがないので、ここでは控えます。しかし、私自身はそのジム通いに満足していました。全国展開していてブランドイメージもよいし、昨年オープンしたばかりの施設はきれい、立地も駅から徒歩1分ほどで抜群、利用時間などの使い勝手もよかったので、できればそのまま続けたい気持ちがありました。

しかし、その対応によって、そのブランドイメージは一転してしまいました。

「安心・安全」を前提として「健康」のためにジムに通っているので、中のスタッフがその「安心・安全」に関して関心が低いなぁと思った時点で、それまでのハード面のプラス評価は私にとってはあまり意味のないものになったのです。

それは「客離れ」が起こった瞬間でもあります。私はその後、そこから歩いて数分の別のフィットネスクラブWの説明を聞きに行き、そちらに移ることにしました。

リピーターがいつまでもリピーターではなく、他店の顧客がいつまでも他店の顧客のままでもない、というのは自分の行動を見てあらためて思いました。

わが身に置き換えて、気持ちを引き締めたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ケアマネ受験 3か月合格勉強法 (秘)冊子完成!

先日7/9の日記に書いていた『ケアマネ受験一発合格! 今から3か月で一発合格する秘訣を教えます!』の冊子をつくりました!

これはすごいです! 

じつは先日の日記を読んだ西原先生が「どひゃ~!」と驚かれて、先週の週末に大幅に加筆してくださったのです。

その結果、じゃ~ん! ↓

001_3

002_4

当初、予定していた6ページから一挙に倍の12ページの大増量! 

しかも中身は2007年(第10回)の出題傾向を分析したうえでのこれから3か月の勉強のポイントを明示。これからのスケジュールにあわせた勉強法とその注意点を特別に公開しています!

「これ、ホンマに無料でええんでっか?」佐々K営業部長が思わずつぶやきました。

いいんです! 

私たち(西原先生と保育社)の願いは『ケアマネ受験一発合格!』を買っていただいた方が本当に一発合格することなのですから! 情報を出し惜しみはしません!

ですので、まだ本をお買い上げいただいてアンケートハガキを出していただいておられない方、今すぐご投函ください。冊子プレゼントは7月31日の消印まで有効とさせていただきます。

まだ本をお買い上げいただいていない方はぜひお求めください。

http://www.hoikusha.co.jp/recommend/index.html

そして、特別プレゼントです。

このブログではじめて『ケアマネ受験一発合格!』を知ったという方で、「まだ本も買っていないし、書店に見に行く時間もないけど、この冊子がほしい、見てみたい」という方に今回、特別に15名さまにプレゼントします(先着順:ただし多いときは抽選)。

こちらeigyo@hoikusha.co.jp まで標題に「ケアマネ冊子希望」と書いてメールお送りください。お名前、年齢、冊子送り先の住所・郵便番号をお忘れなく。冊子の発送をもって当選の発表に代えさせていただきますのでご了承ください。

※冊子はコピー厳禁です。よろしくお願いします。

※8/2追加:著者・西原修造先生による『ケアマネジャー試験合格勉強法』ブログが7/30よりスタートいたしました。 冊子の内容+αの情報がいっぱいです。質問もできます。ぜひご覧ください。↓

http://hoikusha.txt-nifty.com/caremanager/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

古書店でカラーブックスを購入

東京出張では、神保町で打ち合わせをすることが多いので(その理由はまた秋ごろに書けると思います)、そのついでに古書店をのぞきます。

先日の東京出張での収穫はこれ↓

001

カラーブックスの京都もの3点。いずれも絶版で、保育社にも残っていないものです。

288京都散策4 『北山の道』 、306京都散策6 『伏見宇治』、335京都散策7 『洛中』

昭和49年~50年の発行です。定価は380円(もちろん消費税のない時代)↓

002

残念ながらビニールカバーがないので、買うかどうしようかちょっと迷いましたが、京都人でもあるので買いました。どれも300円でした。

私が子どものころの京都の町並みが懐かしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

『上司は部下より先にパンツを脱げ』

例によって書店で本を見ていたら、けったいなタイトルの本を見つけた。

『上司は部下より先にパンツを脱げ』(小倉 広著 徳間書店)。

Photo

見ればサブタイトルに「リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術」とある。「また元リク本か~」と思って、手にとった。

コンサルタントとして活躍している著者が、新人時代の失敗を通じて仕事術を身につけていく体験をもとにした実践ビジネス書である。

・・・・・・ん!?

パラパラと読んでみて、手が止まった。これ、だれだ? 思わず表紙を見る。著者、「小倉広」。

本をひっくり返して著者プロフィールを見る。ちょっと強面(こわおもて)の著者の顔写真。

「あ、小倉や~!」 

著者の小倉氏は私のR時代のメンバーであった。しかも、私が大阪でマネジャーになったばかりのときに、東京からやってきた「できるやつ」だった。

新米マネジャーにとっては「ありがたい存在」であったが、同時に「できるメンバーのマネジメントのむずかしさを教えてくれる存在」でもあった。

つまり彼にとっても、私にとっても少しつらい時期を経験したのである。

「この本ではきっと大阪時代のことは書いてないだろうな」と思って、ページをめくるとなんと大阪時代のことが真正面から書いてある。私と思われる(いや、間違いないって!)上司も登場しているではないか!

もちろん、その時点でレジへ直行。帰りの電車で読み続け、駅に降りてもそのまま駅のベンチで最後まで読んでしまった。(笑)

タイトルの「パンツを脱げ」は「自己開示をせよ」のメタファー。彼の現在行っている企業コンサルティングの得意分野は「社員の意識改革」。そのためにはまずはその上司が自己開示をして、メンバーたちの共感を得たうえで実行するものでなければならない、というのが主旨である。

小倉氏の失敗談を中心とする体験談から語られる内容は、この本がメインターゲットとしている管理職はもちろん、若い人にもわかりやすく具体的にやるべきことが見えてきそうである。

意外だったのは、「できる系」だった彼がいわゆるMBA系コンサルタントに代表される戦略コンサルタントではなく、「組織活性や意識改革」系のコンサルタントになっていたこと。

私が知っているころの小倉氏はどちらかといえばそちらが苦手なタイプだったから。なぜ、そちらの方面に彼が進んだのかも、この本には書いてある。

さて、この本を見つけたことがきかけで、小倉氏と先日の東京出張の際に十数年ぶりの再会を果たした。本当に不思議なもので、同じ釜の飯を食った仲間とは月日の隔たりはまったく関係ない。

昔からグルメで、気が利く小倉氏は、事前に私の好みを聞いてくれてお店をチョイスしてくれていた。行ったのは麻布十番にある韓国料理の店「鳳仙花」。

「ホルモン鍋」「冷麺」がめちゃうまい。どちらもケータイで写真を捕ろうと思っていたのだが・・・・・・↓

Photo_2

Photo_3

どちらもおいしすぎて食べることに気が行って、写真を撮ることを思い出したのは食べた後であった。coldsweats01

しかも「本の出演料です」ということで、ごちそうになってしまった。もちろん本にはサインもしてもらった。good

できるメンバーをもつことは幸せである。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

東京国際ブックフェアに行ってきた

先週は後半から東京出張でした。いくつかの打ち合わせと東京国際ブックフェアが目的です。保育社は「教育図書出版会」に所属しているのでブースの出展もありました。

Photo

出版業界の今後についても示唆に富むセミナーもあり、考えさせられました。

本をたくさんの人に手にとってもらうには、たくさんの書店に本を並べることです。しかし、書店からの返品率は40%と言わています。書店さんに新刊を並べてもらっても2冊出せば1冊が返品になってしまいます。

それが続けば当然、会社はつぶれてしまいます。そうならないようにするためにはやみくもに書店さんに並べてもらうのではなく、うちの本を買ってもらえるようなお客さんが来る書店さんに多く並べる必要があります。

もしくは当社の本を求めるお客さんに確実に「お求めの本はここにありますよ」と伝える必要があります。

当社のような小さな出版社が今後生き延残っていくにはなにをすべきなのか・・・・・・なにをしないべきなのか。

頭を使いすぎたのか、いや、本当は広い会場で体力を使ったせいで帰りの新幹線ではぐっすり寝てしまいました。

今回の出張ではいろいろ書きたいことがたくさんありましたが、まだ整理できていないのでまた追って書きたいと思います。

追加:時間があまりなかったので今回は十分に展示を見ることができないまま切り上げたが、年に一度、こういう場に来ていろんな出版社のいろんな出版物を見て、何を感じそこから何を生み出せるのかを考える機会を社員研修という形で与えるのもよいかなと思いました。

Photo_2

ところで、会場となった「東京ビッグサイト」にはこれまでも何度か行ったことがあるのですが、「ゆりかもめ」に乗ったのは今回はじめてでした。

打ち合わせなどもあり、何度か新橋と東京ビッグサイトを往復したのですが、そこから見える風景は子どものころに見た手塚治虫さんの漫画の未来都市のようでもあるなぁ、と思いました。

それと同時に、「昔思い描いていた未来に間違いなくわれわれは今いるんだなぁ、でもその未来はそれほど人間にとってすごくもなかったんだなぁ・・・・・・」なんてことを、ぼんやり思いながら窓からの風景に見入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「むしむしゲーム」保育社ホームページTOPから入れます!

先週にご紹介した「保育社の原色むしむしゲーム」、保育社ホームページTOPから入れるようになりました。

http://www.hoikusha.co.jp/

グーグルやYahoo!で検索すると「むしむし」だけではさすがに見つかりません。昆虫関係のWEBか「むしむしして暑い」というような日記が見つかります。

でも「むしむしゲーム」だと、どちらでも一発でけっこう上位で見つかります! よかった。無料ですので、じゃんじゃんやってください。感想もお聞かせいただけるとありがたいです。

ちなみに「相手の言うことをまったく無視しながら会話を続け、相手の話につられたほうが負け」というゲームも「むしむしゲーム」と呼ばれるようです。そういえば、それ、私も学生時代やったことありますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

ケアマネ受験 直前3か月 必勝勉強法!

夏が来ました! なにかが起こりそうでドキドキする夏・・・・・・という年でもありません(むしろ上半期の売上の数字を見てドキドキしています)。coldsweats01 冗談はさておき、ケアマネジャー受験をされる方にとっては、この夏は天下分け目の天王山でもあります。あ、言い回し古いですね。でも私、天王山のふもとに住んでいるもので、ついそんなことを言ってしまうのです。

試験は10月19日、あと3か月と少しです。今から本格的に勉強される方も多いでしょう。『ケアマネ受験一発合格!』があれば大丈夫です。なぜ大丈夫と言えるのか? そこで著者の西原修造先生にお願いして、今からどのような勉強をすればよいかをレポートにまとめていただきました。その原稿が本日届きました! それがこれです!↓

Photo

『今から3か月で一発合格する秘訣を教えます! ケアマネ受験一発合格!著者・西原修造先生がそっと教える ムリ・ムラ・ムダのない勉強法!』

すでに『ケアマネ受験一発合格!』をお買い上げいただいている方は、読者アンケートハガキをお送りください。もれなく無料でこのコピー冊子を差し上げます(すでに読者アンケートハガキをいただいているみなさまにもお送りします)。7月31日消印有効です。

まだ『ケアマネ受験一発合格!』をお持ちでない方はぜひ書店へ行って手にとってご覧ください。今から3か月でマスターすることを念頭において、ぜひ他の本とも見比べてお選びください。お買い上げいただいたらアンケートハガキをお願いします。 http://www.hoikusha.co.jp/recommend/index.html

「まだ本も買っていないし、書店に見に行く時間もないけど、この冊子だけは一度見てみたい」という方に今回、特別に20名さまにプレゼントします。

こちらeigyo@hoikusha.co.jp まで標題に「ケアマネ冊子希望」と書いてメールお送りください。お名前、年齢、冊子送り先の住所・郵便番号をお忘れなく。冊子の発送をもって当選の発表に代えさせていただきますのでご了承ください。(発送は7月の中旬の予定です)

・・・・・・と勢いで書いてしまいましたが、じつはこれから準備します!

※8/2追加:著者・西原修造先生による『ケアマネジャー試験合格勉強法』ブログが7/30よりスタートいたしました。 ぜひご覧ください。http://hoikusha.txt-nifty.com/caremanager/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

原色むしむしゲーム 完成!

いよいよ夏休み直前! 夏の予定はそろそろお決まりでしょうか? 

夏といえばやはり「虫取り」で決まりですね!(やや強引)  虫かごをぶら下げ、網をもって走りまわる子どもたちの姿を最近は見かけることも少なくなりました。虫取りをまだ経験したことのないお子さんに虫取りの楽しさをまずはパソコンで味わってもらおうと、こんなゲームをつくってみました。

「保育社の 原色むしむしゲーム」 森の中に潜んでいる虫たちを見つけて、カーソルでクリックしてキャッチ、ドラックして自分の虫かごに入れるというシンプルなゲームです。

Photo

まもなく保育社ホームページのトップにゲームの入り口をアップする予定ですが、それに先立ってこちらで先にご紹介します(もちろん無料のゲームです)。

http://www.hoikusha.co.jp/game/

制限時間は3分。そのあいだに森に隠れている虫(10匹います)を見つけてください。見つけにくい虫ほどゲットすると点数が高くなりますからその点数で競ってください。もしも全部見つけたら残り時間が長い人のほうが勝ちです。(上の画像は2分以内に全部捕まえたらプレゼントされる壁紙です。)

で、パソコン上での虫取りで物足りなくなったら、ぜひ本当の虫取りに出かけてください!

(私はもう何回もテストでチャレンジしたので、かなりのスピードで終了することができるようになっています!smile good

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

船場センタービル 恐るべし

今日、打ち合わせで堺筋本町に行った。帰りにひさびさに「船場センタービル」を通った。「行った」のではなく、「通った」で正しい。

大阪の人なら1号館から10号館まである巨大(?!)な「船場センタービル」をご存じの方も多いかもしれない。 ↓これが船場センタービルである。

005_2 

私は以前の会社で、本町にある営業所に勤務した時期がある。最初「船場センタービル」という名前を、社内でもお客さんからも頻繁に聞くので「いったいこの近くのどこに10号館まであるそんな大きなビルがあるのやろか?」と首をかしげたものであった。いくら見上げていても見つからないはずだ。このビルは阪神高速の高架下にあるのだから。

今日は暑かったので、堺筋本町から御堂筋までこの「船場センタービル」の中を通って帰ってきたのだ。クーラーも効いていて快適であった。しかし、「ビル」であるにもかかわらず自転車で堂々と入っていくオバチャンがいるところがすごい。↓

001

このビルは全国でも名高い「大阪のオカン」の出現率が高い場所(特に1階~地下2階)でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

夏にはおでん!

昨日は仕事のあと、梅田のお初天神の近くの「常夜燈」におでんを食べに行った。メンバーはメディカ出版の池DくんとE頭くん。このたび結婚の運びとなったE頭くんへのお祝いの乾杯でスタート。おでんは関西では「関東炊き」とも言われるが、ここのは「かんさいだき」と呼ぶらしい。森繁久弥さんが命名とのこと。おでんと関東炊きとかんさいだき・・・・・・なにがどうなのかよくわからないが、とにかくここのかんさいだきはうまい。

Photo

食べることに夢中で写真を撮ろうとしたらすでに鍋はカラであった(この写真は追加分)。

写真だと味が濃そうに見えるが、あっさりしているのである。どのネタをとっても煮込まれ過ぎているということがない。

にもかかわらず玉子などはしっかり味がついているし、これまた味わい深い豆腐はスができることもなく、やわらかでもちもちとしている。鍋とは別に運ばれる蛸は新鮮ゆえプリプリである。きんちゃくは野菜がざくざく出てくる。量が多いので「松」コースの鍋を3人で食べたのだが、ネタは同じものがほぼ2つしか入っていない。そこで丸い鍋を囲んで骨肉の争いが繰り広げられたのである。まぁそこは大人の解決法として最後は「追加注文」という手段がとられたのであるが。

茶飯に、おでんのだしをかけて食べるのが締めである。これがまたうまいのである。池Dくんは締めの茶飯をおかわりして、かなり締め上げていた。

お店を出て、新御堂をはさんで向かいにあるバー「Bricks」へ。ここのマスターとはかれこれ20年ほど前にバンドをやっていたことがある。最近はまったく行っていなかったのに、ちゃんと顔を覚えていてくれてうれしかった。お酒が強くないE頭くんもなにやらリキュールのカクテルをクイクイっと飲んで、店を出るときは足腰ふらついていた。新妻の待つ新居へ確実に帰れるかどうか何度も念を押して別れた。

家に帰るまでが飲み会である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

「カラーブックスの達人ブログ」が熱い!

このところ、このブログと兄弟ブログでもある「カラーブックスの達人」ブログのアクセス数がグングンと伸びています。http://hoikusha.txt-nifty.com/colorbooks/

「カラーブックスの達人ブログ」は、カラーブックスのファンであり、フリーの編集者である田端宏章さんが月に2回更新してくれています。6月も「2回目がなかなか更新されないなぁ」と思っていたら、昨日、ギリギリ間に合って更新してくれました。さすが締め切りを守る編集者!

更新されるとやはりアクセス数がグンと伸びます。カラーブックスの魅力がなんたるかをよく知っている人ならではの絶妙な距離感も人気の秘密かなと思います。

でも、私のブログのアクセス数が抜かれないかとひそかにライバル意識ももっていたりするのですが。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »