« 『ひなちゃんの日常』 | トップページ | 『子ナンプレ パズル』今月発行! »

2008年9月27日 (土)

『後継社長という人生』

Photo

書店でふと手にして読み始めたら半分くらい読んでしまったので、そのまま買ってしまった。

『後継社長という人生』(アタックスグループ著 かんき出版)。

生まれながらにしてオーナー会社の跡継ぎという人生はどんなものだろうか、
と保育社の社長になってから思いがめぐるようになった。

昔は「将来が決まってるからいいよな」くらいにしか思っていなかったが、
「将来、社長になる」と決まっている人生は、傍から見るより気楽なものではない。

この本にも書いてあるが、そもそも後継社長の絶対的なミッションとして
1)つぶさない
2)先代よりも成長させる
3)さらに次の世代にバトンタッチする
……がある。

よく会社や組織は3代目が大事と言われる。
創業者はもちろんたいへんである。
一代で終わることも多い。

しかし、成功すれば会社は創業者から次の経営者にバトンタッチされる。
これが後継社長である。
ただ2代目は創業社長といっしょに働き、その姿を見ていたりもするし、
まだ安定期である事業を引き継ぐことができることも多い。

ところが3代目は、創業の事業が衰退期に入っていたり、
創業時のプロセスや苦労を知らない世代になる。
そこで、事業にてこ入れをして、衰退期からまた成長期に戻すか、
新規事業を開拓していくことが3代目には求められることになる。
しかもつねに創業社長・2代目社長と比べられながら、である。

これは創業社長とはまた別の種類の苦労である。
これまで会社が進んできた、良くも悪くも既成の実績、社内外のしがらみなどに対して、
あらたな視点でもう一度評価をしなおすところからスタートしなければならない。

そして、新規事業を開拓していく点においては、
会社のインフラが整っているという利点はあるが、
創業社長と同じ苦労がある。

私の場合は、事業譲渡という形で
思いがけず保育社の3代目の社長になったが(前保育社とは別会社ではあるが)、
やはり保育社という名まえを受け継いだ限り、
社長としての3つのミッションは後継社長と同じである。
サラリーマン根性ではやっていけない。

|

« 『ひなちゃんの日常』 | トップページ | 『子ナンプレ パズル』今月発行! »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/42602368

この記事へのトラックバック一覧です: 『後継社長という人生』:

« 『ひなちゃんの日常』 | トップページ | 『子ナンプレ パズル』今月発行! »