« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

『昆虫摩訶ふしぎ図鑑』まもなく書店に並びます!

保育社といえば、やはり今でも「図鑑の保育社」「カラーブックスの保育社」としてその名まえを覚えていてくださる方がたくさんおられます。

昨年5月に新生・保育社としてスタートしたわが社。
いよいよ新しい図鑑のシリーズを立ち上げます。
その名を『生きもの摩訶ふしぎ図鑑』シリーズ。

2

その第一弾である『昆虫摩訶ふしぎ図鑑』の見本ができあがりました。
来週12月のはじめには全国大型書店の自然科学コーナーに並びます。

これまでの保育社の図鑑はやや専門的な読者を対象としたものが多かったのですが、
このシリーズは、幅広い読者のみなさまに読んでいただけるようにつくっています。

たとえばこの『昆虫摩訶ふしぎ図鑑』では、
シッタカ先生」「テネ君」「レピちゃん」という3人のキャラが
昆虫の不思議についてあれこれナビしますから、たいへん読みやすいのです。

Photo

小学校の5年生以上で習う漢字にはすべてルビがふってあります。
だから生きもの好きなお子さんにも読んでいただけます。
かといって、小学生向きの本ではありません。
昆虫好きな一般の方々に十分楽しんでいただけるようにつくった内容です。

というのも、この本の「絵と文」の著者、見山博先生は
自らが昆虫採集家である昆虫のプロだからです。

本書のオビに
ファーブル昆虫記(集英社)の監訳者でもある奥本大三郎先生からも
昆虫をこんなに深く知り、
こんなに見事に描ける人はほかにいません

と推薦のコメントをいただきました。

ここでチラリと中身をお見せすると……

Photo_2

Photo_3

非常に緻密なイラストです。
そこにいろんな不思議な話、ウンチク話がいっぱいつまっています。

Photo_4

ちなみに、「あとがき」は編集の最後の最後に見山先生から
原稿をいただいたのですが、
この「あとがき」の文章が
見山先生のお人柄と昆虫への思い伝わってきて私はとても好きです。
ぜひ、手にされたら「あとがき」からお読みください。(笑)

※WEB書店でもすでに予約を受け付けております。
ビーケー1
http://www.bk1.jp/product/03037837

http://www.bk1.jp/webap/user/DtlBibContentsList.do?bibId=3037837(目次入り)

amazon
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%86%E8%99%AB%E6%91%A9%E8%A8%B6%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E5%9B%B3%E9%91%91-%E8%A6%8B%E5%B1%B1-%E5%8D%9A/dp/4586313005

もちろん保育社のHPからもご購入いただけます。
http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

割れせんべいの全面広告

今朝、通勤途中に新聞を読んでいたら目に飛び込んできた全面広告。

001

一斗缶入り 大容量の割れせん(割れたせんべい)の販売。(一斗缶ってたしか18リットル!)

メーカー直売である。
「税込み3150円のこの商品を全面広告するということは、
かなりの売上を見込んでだろうな……」とついつい見入ってしまう。

「でも、せんべい、そんなに食うかな? 
いや、年末に親戚や人が集まったりするとけっこう便利かもな」

送料を見たら「15,750円以上で全国無料」とある。

003

一斗缶なら5つ以上の注文だ。
考えてもいなかったが、そういう大量に購入するニーズがあるのだろうな。
などと思いながら見ていると
にこやかな四代目社長の写真入のコメント。

002

「……流通経路、流通マージンを省略して、美味しいものを、直接お届けします。……」

そうか! これなんだ!
よく見ると創業100年近い老舗のせんべい屋である。
長いお付き合いの卸問屋などのしがらみもあるに違いない。
それでもにこやかに笑いながら四代目社長は決めたのだ。
流通コストを削減して直接販売することを。

伝統の味を守るだけではいけない。
「おいしいのは当たり前」で、そのうえで付加価値をつけたり、価格競争に負けず、常識にとらわれずに新しい一歩を踏み出していけるか、だ。
いろんな業界でいろんな会社がチャレンジをしている。

100年続いた会社も、101年目につぶれることだってある。
しかし、100年続いてきた会社はこれまでも、
いろんなチャレンジをしてきたからそれだけ続いてきたのだろう。

われせんべいの広告を見ながら、気持ちが引き締まった朝だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

『東大合格生のノートはかならず美しい』

最近、自社本の宣伝ばかりなので、他社で読んだ本を1つ。

001

『東大合格生のノートはかならず美しい』(太田あや 文藝春秋)。

東大に合格した人たちの受験ノートを集めて、その法則を見つけたという本。
著者は東大出身者ではないが、●ネッセで中高生向けの通信教材の元編集者である。

思わず手にとった。
本当に美しく書かれている。

002

東大合格生は頭のなかの整理整頓がインプットの段階でできているのだ。

書きかたはそれぞれだが、共通するのは
読み返すときのことを考えて、ノートを書いているということ。

こういうきれいなノートを書ける人は編集者としての適性も高いだろうなぁ。

著者が何人もの東大合格生ノートを見て見つけた「法則」は
1)文頭はそろえている
2)移す必要がなければコピーを貼っている
3)大胆に余白をとる
4)インデックスを活用
5)ノートは区切りが肝心
6)オリジナルのフォーマットをもつ
7)当然、丁寧に書いている
……の7つだそう。

立ち読みでいったん元に戻したが、
東大には縁がなさそうではあるが、
わが家の未来の受験生にも
こういうハイレベルなノートを見せておくか、と購入した。(゚▽゚*)

ちなみに私のふだんのノート。

Photo_5
ここ数年、ずっと同じもの。
年に数回、コーナンでまとめて買ってくる。(゚ー゚;
東大合格生の法則だと
「大胆に余白をとる」以外はあんまり当てはまらないかな。(笑)

基本的には左側ページしか本文は書かずに、
後からのメモを左側に追加していくようにしている。
(このページは仕事とは関係なく、図書館で中国の歴史をメモったもの。)

後から調べたり、読み返してまとめを追加して書くことが多いので、いつの間にかこういう使いかたになった。そういう意味では「オリジナルのフォーマット」の法則かもしれないな。

・・・・・・などと今ごろ東大合格生と張り合っても仕方ないか。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おやこDE迷路』平積み・面だし進行中

先週から店頭に並び始めた『おやこDE迷路

東京出張してきた営業・佐々K部長のケータイ写真報告です。

丸の内M善さんでは学参コーナーで子ナンプレと2冊並べていただいてます。↓ すでにどちらも数冊減っていて順調にお買い上げいただいております!

21

東京駅前のYブックセンター本店さん、児童書(小学学参コーナー)に平積みいただいてます。↓

Photo_2

Lブロ池袋店さんは『子ナンプレ』は学参コーナーの壁面棚に陳列中↓(上) 『おやこDE迷路』は児童書コーナーで平積み中↓(下) ……佐々K部長、疲れのせいか写真がブレはじめる。( ̄Д ̄;;

Photo_3

Photo_4

立川市のO書房さん、佐々K部長が児童書・学参コーナーを最初見に行ったが見つからず「???」と思っていた『子ナンプレ』が新刊コーナーに平積みしていただいていました!

Photo

これからまだまだ推進していきます! 営業・前Dさんが作った手描きのポップも関西の書店さんから店頭をそろそろ飾りはじめます。

おやこDE迷路』……児童書コーナー、学参コーナー
子ナンプレ パズル』……学参コーナー、パズルコーナー、児童書コーナー
……でお求めください。

WEB書店でもお求めいただけます。
セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32159986
ジュンク堂
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0109525080
Amazonでもどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%8A%9B%E3%81%A8%E6%A0%B9%E6%B0%97%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%93DE%E8%BF%B7%E8%B7%AF%E2%80%95%E3%81%84%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%AA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E7%B9%B0%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%81%97%E9%81%8A%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%88%B6%E9%99%90%E4%BB%98%E3%81%8D%E8%BF%B7%E8%B7%AF%E3%80%8D-%E8%A6%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A7%E3%81%99-%E9%96%A2-%E4%B8%89%E5%B9%B3/dp/4586085010

もちろん保育社のホームページからも!
http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

『おやこDE迷路』が書店に並びます!

(ガビーンッ! 書いたはずの日記が消えてしまった……(;д;))
気を取り直して……

子どものころ、知らない道を歩いてみたいという欲求に駆られたことはありませんか?
どこにつくのかドキドキワクワク。
私は学校の帰り道に寄り道をして、よくおこられました。

子どもは知らない道を歩くのが大好きです。
そんな好奇心を、本のなかで満たしてくれるのが迷路です!

いよいよ「親子の時間です!」の第2弾、
タイトルもそのまま、
おやこDE迷路』が書店さんに並びます!(6歳から9歳のお子さんがめやすです)

001

子ナンプレ』同様、全国の大型書店の児童書、パズルのコーナーに並びます。(『子ナンプレ』は学参コーナーに並べている書店さんも多いようです。)

以前もご紹介しましたが、この迷路、ただの迷路で終わりません。
たとえばこの迷路(↓)は『馬車馬ルール』という制限付き迷路です。

002

ふつうにいけば「なんだ、カンタンじゃんっ!」とゴールできます。
幼稚園年長さんならそれで満足できるかもしれません

でも「もっとむずかしい迷路がいい!」なんて言うお子さんには
まだまだこの迷路で遊べます。
「じゃあ、今度は突き当たりにぶつかるまで曲がってはいけないというルールでゴールできるかな?
……大人でもけっこうむずかしいですよ。

でもむずかしいから、おもしろいし、
一定のルールを守りながらゴールするということが、
頭のトレーニング
になります。

だからいっしょに読む大人の脳トレにもなります

これ(↓)は「ドンキールール」の迷路。

003
今度は曲がり角があったら、必ず曲がらなくてはいけない迷路
ゴールは目の前にあってもゴールできないもどかしさもあります。

迷路をやると根気がつきます
まずは手にとって見ていただきたいです。

保育社のホームページでも紹介しております!

http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

保育社オリジナルポストカードができました!

『ケアマネ受験一発合格!』の表紙に登場した
ちからツキノワグマくん」の5枚組みポストカードができました。

001

002

とってもかわいいです!
作者はイラストレーターのホンマヨウヘイさん。
「育てる・伸ばす・豊かにする」の保育社のテーマにあわせて
ちからツキノワグマくんのひと言コピー入りです。

003

これから保育社の新刊にはさまれている読者アンケートハガキをお送りいただいた方に、プレゼントさせていただきます。
(『ケアマネ受験一発合格!』をお買い上げの方、まだお手元にハガキがあれば今からでもぜひご投函ください。『子ナンプレ』のお買い上げの方ももちろんOKです!)

それに先立ち、完成を記念して、このブログをお読みの5名さまにプレゼントします。(゚▽゚*)
ご希望の方は何か書いて(笑)、私にメール送ってくださいな(送り先をお忘れなく)。
matsui@hoikusha.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »