« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

春の植物観察のフィールドガイドブック

理科好きな人のための雑誌『RikaTan(理科の探検)』4月号の特集Ⅰ「春の植物探検」の記事、
春の植物観察のフィールドガイドブック」(留岡昇さん執筆)内で
保育社のケイタイ図鑑シリーズが取り上げられています。

Rikatan_001

Rikatan_002

・平地を歩くときは『人里の植物
・山を歩くときは『野山の木

どちらもカラーのスケッチで描かれているので、それぞれの植物の特徴、見分けるときのポイントがよくわかります」とご紹介いただいております。

Rikatan_003

『人里の植物Ⅰ・Ⅱ』『野山の木Ⅰ・Ⅱ』は保育社のホームページからも
お申し込みいただけます。
http://www.hoikusha.co.jp/product/cn.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

カラーブックス『こんぴら歌舞伎』出来!

日本最古の芝居小屋である「金丸座」での「こんぴら歌舞伎大芝居」が復活して
今年は第25年記念だそうです。

歌舞伎にはあまり興味がない方でも
「そういえば最近、テレビで中村勘三郎・勘太郎親子が出てるなぁ」なんて思っているのではないでしょうか。
なぜなら、今年のこんぴら歌舞伎(4/7~4/25)は勘三郎・勘太郎親子が出演します。
それでテレビの露出も多いようです。

去年は市川海老蔵が出たこともあり、
ここ数年、若い人に密かに(?)こんぴら歌舞伎ブームも来ているらしいです。
(ことごとく「~らしい」「~ようです」になっているのは、私があまり歌舞伎を知らないためです。すみません。(゚ー゚;)

じつは保育社の「カラーブックス」にも
平成8年(1996)刊行の『こんぴら歌舞伎』という
そのものズバリのものがあったのですが、
もう10年以上も経っているので“ちょっと古い感”は否めませんでした。

新保育社になってからは在庫のカラーブックスの販売は続けていますが、
採算の関係から新刊や増刷は行っておりません。

しかし今回、山下正臣琴平町長さんや琴平町さんのご協力をいただき
「改訂新版」として刊行することができました。

001
できるだけ旧版(初版)を活かしながら、第24回(2008年)市川海老蔵「暫」写真など、平成8年以降の情報を加えてまとめています。

保育社ホームページの「新しい本」からご購入いただけます。
http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html
ただし、数に限りがありますのでお求めの方はお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

小さな紳士からの手紙

出版という仕事をしていていちばんうれしいのは
読者の方から喜んでいただけること。shine

まぁこれは出版に限らず、
自社製品を使ってもらって満足してもらうことが仕事のやりがいでしょう。

……で、『原色日本甲虫図鑑4巻セット』の話です。
このセットは新保育社になって最初に、品切れだったものを増刷しました。

そのときに、このセットを買ってくれた小学4年生のお客さまがいました。
(そのことは昨年に日記に書いています→http://hoikusha.txt-nifty.com/blog/2008/01/post_1c43.html

その小学生のSくんから、先日またお手紙が届きました。
小学6年生になった彼は、
昨年の小学生最後の夏休みに
この甲虫図鑑をふんだんに使った自由研究を行い、
すばらしい賞をもらったそうで、その報告をしてきてくれたのです。

本当はもらった賞がどんなにすごい賞か、
彼がどんなお手紙をくれたのか、
紹介したくてたまらないのですが(笑)
本人からは
ただ僕は保育社の社長さんにお礼がしたくて、社長さんだけに読んでほしくて手紙を書いたので困ります」とのことでした。

(;ω;)

昆虫を好きな子に悪い子はいません!
こういう子どもさんに育てた親御さんもえらい。本人にも親御さんにも会ってみたい。

甲虫図鑑を最初に増刷して、Sくんに買ってもらえてよかったと思った出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

『おやこDE迷路』が『アエラwith Kids2009春号』(3/10発売)にて紹介されました!

Aerawithkids_001

本日発売の『アエラwith Kids2009春号』にて
『おやこDE迷路』
『新学期のスタートを後押しする夢中になって読める4冊!』というコーナーで紹介されています。

Aerawithkids_002

書店さんにも掲載の件を伝えると
あの本に紹介されるとお母さんたちの反応はいいですよshine」とのことで
期待値も上がります。(笑)

そこで営業の前Dさんがさっそく
『アエラwith Kids』の掲載記事をあしらったPOPと
『保育社しんぶん 3号』を作成して、
昨日から京都・大阪・神戸・姫路の書店さんに配り
平積みの営業促進で駆け回っています。

Aerawithkids
 
2月までは学参コーナーは受験ものが中心でしたが、
3月からは新入学にからめた親子で読む本のフェアなどがはじまりますので、
「親子の時間です!」シリーズも営業促進していきます。

↓アマゾンでどんな迷路か「なか見!検索」できます。

おやこDE迷路―判断力と根気がつく
いろんなルールで繰り返し遊べる「制限付き迷路」
http://www.amazon.co.jp/dp/4586085010

こちらもよろしく!↓【親子の時間です!シリーズ】
子ナンプレパズル―考える力と集中力をつける
http://www.amazon.co.jp/dp/4586085002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ケアマネ受験する介護福祉士に朗報!

002

昨年の刊行以来、好評いただいております当社の『ケアマネ受験一発合格!介護保健制度の知識がよくわかる』

↓現在、好評発売中。黄色い表紙にクマ(ちからツキノワグマくん)が目印。

Photo

これ1冊あれば、重要受験科目である「介護支援分野」と「医療系・福祉系サービス」が効率よく勉強できるので、看護師さんをはじめとする医療従事者に大好評です。

ところが、ここ数年ケアマネ受験をする介護福祉士の方が急増しています。
職種別合格者を見ても平成17年度までは全体の24.3%だったのが、
平成20年度を見たら全体の31.2%となり
これまでいちばん多かった看護士・准看護師の31.0%を抜いてしまいました

看護師・准看護師の資格をもつ人は
試験科目である「保健医療サービス分野の知識等」の基礎(15問)が解答免除されます。

ところが介護福祉士をはじめとする福祉関連資格(社会福祉士、精神福祉士)の人は
この「保健医療サービス分野の知識等」の基礎(15問)と総合(5問)を受験しなければなりません

そこで読者の皆さまからこんな声が届いておりました。
◆「保健医療分野」」も載せてほしい。(介護福祉士・57歳・千葉)
◆「保健医療サービス分野」がないのであったほうがいいです。(介護関連・44歳・和歌山)
◆「医療分野・介護などについても記載したものを次に発行してほしい。(介護福祉士・57歳・大阪)

そこで、今年は『ケアマネ受験一発合格!』シリーズ第二弾として、
『ケアマネ受験一発合格!医療・福祉編』を刊行します!

001

今回の表紙は
◆もう少し小さいサイズならもっと便利。(訪問介護員・41歳・大阪)
◆持ち運びが便利な大きさのほうがいい。(看護師・36歳・奈良)

という声もいただいていたので
サイズも小さくB5サイズにいたしました。

書店に並ぶのは4月の第一週ごろになります。
保育社のホームページ「あたらしい本」
http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html
でも案内しておりますので(予約もできます!)
ぜひご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »