« 小さな紳士からの手紙 | トップページ | 春の植物観察のフィールドガイドブック »

2009年3月19日 (木)

カラーブックス『こんぴら歌舞伎』出来!

日本最古の芝居小屋である「金丸座」での「こんぴら歌舞伎大芝居」が復活して
今年は第25年記念だそうです。

歌舞伎にはあまり興味がない方でも
「そういえば最近、テレビで中村勘三郎・勘太郎親子が出てるなぁ」なんて思っているのではないでしょうか。
なぜなら、今年のこんぴら歌舞伎(4/7~4/25)は勘三郎・勘太郎親子が出演します。
それでテレビの露出も多いようです。

去年は市川海老蔵が出たこともあり、
ここ数年、若い人に密かに(?)こんぴら歌舞伎ブームも来ているらしいです。
(ことごとく「~らしい」「~ようです」になっているのは、私があまり歌舞伎を知らないためです。すみません。(゚ー゚;)

じつは保育社の「カラーブックス」にも
平成8年(1996)刊行の『こんぴら歌舞伎』という
そのものズバリのものがあったのですが、
もう10年以上も経っているので“ちょっと古い感”は否めませんでした。

新保育社になってからは在庫のカラーブックスの販売は続けていますが、
採算の関係から新刊や増刷は行っておりません。

しかし今回、山下正臣琴平町長さんや琴平町さんのご協力をいただき
「改訂新版」として刊行することができました。

001
できるだけ旧版(初版)を活かしながら、第24回(2008年)市川海老蔵「暫」写真など、平成8年以降の情報を加えてまとめています。

保育社ホームページの「新しい本」からご購入いただけます。
http://www.hoikusha.co.jp/new/index.html
ただし、数に限りがありますのでお求めの方はお早めに!

|

« 小さな紳士からの手紙 | トップページ | 春の植物観察のフィールドガイドブック »

新刊・増刷のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/44386398

この記事へのトラックバック一覧です: カラーブックス『こんぴら歌舞伎』出来!:

« 小さな紳士からの手紙 | トップページ | 春の植物観察のフィールドガイドブック »