« 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(1) | トップページ | 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(3) »

2010年3月16日 (火)

『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(2)

今年もまもなく『アーノルド・パーマーインビテーショナル』
アメリカ・オーランドで開催されます。
昨年は石川遼選手が初参加したことでも話題になりました。

『かわいい子にはゴルフをさせよ!』の著者・藤井プロは、
オーランドのゴルフ親善大使をされていますから、
今年ももちろん参加されます。

……さかのぼること、たしか今年明けてからだったか、
藤井プロから私のケータイに電話が入りました。

話題は3月の『アーノルド・パーマーインビテーショナル』になりました。
そして、そのとき藤井プロから
雷鳴とともにthunder
こんなことばが発せられたのです。

「松井さん、1冊だけでいいから、あの本の英訳本ってつくれませんかね?」

できれば聞こえないふりをしたかった。
でも、聞こえてしまった。

「は、はい~?」

頭の中をいろんなことが駆け巡りました。

1冊だけ……。
英訳……。
日本語は縦書き、英語は横書き……。
時間はない……。

どんな仕事でも「無理です」というのは簡単なことです。

ぐるぐる考えが駆け巡るなか、
でも、私は答えてしまいました。

「・・・・・・考えてみます」

後には引けなくなりました。(汗)

≪続く≫

|

« 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(1) | トップページ | 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(3) »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/47819817

この記事へのトラックバック一覧です: 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(2):

« 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(1) | トップページ | 『かわゴル』アーノルド・パーマーへの道(3) »