« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

電子書籍で「おりがみ」を読むメリットは?

当社刊行の『復刻版おりがみ』
電子書籍になり1月26日から発売しています。
開発・販売はImpressTouchさんです。

9784586510009
この表紙はリアル本のものです。

内容はリアル本と同じです。
ただし、上下巻の2つにわかれています。
上は<伝承から創作へ>  ~リアル本の「第一部」
下は<創作への誘い>    ~リアル本の「第二部」 
上が基本中心、下が創作中心です。
それぞれ450円です。
(電子書籍は上下ご購入いただいても900円と、少しお求め安くなっています。)

電子書籍で「復刻版おりがみ」を読むメリットは、
●ページを開いたままにできるから、見ながらおりがみがやりやすい。
●展開図などの絵を画面上で大きく表示できるから、細かいところがみやすい

この2点かと思います。
あとは
●海外におられるかたでも購入いただける
日本の文化を伝えるときには「おりがみ」は
力強いコミュニケーションツールになります。

海外勤務になった方が、
まだ言葉もうまく使えないときに、
パーティーでおりがみの鶴を折ってプレゼントしたら
次から次へ人が押し寄せて
一気に友だちが増えたということを聞いたことがあります。

今回、リアル本にはない上記のようなメリットを感じていただけるかと思い、
ImpressTouchさんとの協力で完成いたしました。

i-tuneでお求めいただけます。
くわしくは、こちらをご覧ください↓
復刻版おりがみ 上巻<伝承から創作へ> for iPad
http://itunes.apple.com/jp/app/id415614741?mt=8

復刻版おりがみ 下巻<創作への誘い> for iPad
http://itunes.apple.com/jp/app/id415612730?mt=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「良い子」ほど家族と断絶してしまう不思議

共働きの家だと、
子どもが家に帰ってくる時間は
まだ両親とも帰宅前
子どもはリビングでおやつを食べてリラックス。

夕方、急いで帰ってきたお母さんは、
さっそく晩ご飯の準備に。
「良い子」はお母さんの準備のあいだ、じゃましちゃいけないと
自分の部屋で宿題、予習、復習。

ようやく夕食ができると
子どもはテレビを見ながら食事。
でも、お母さんは洗濯ものを取り入れたり、
なんだかんだと用事が続きます。

食事が終わると、お母さんのじゃまをしないように
「良い子」は自分の部屋に戻って
音楽を聴いたり、ゲームをしたり、勉強の続きをしたり。

そういう子どもは、親の手のかからない良い子です。

でも、こんな「良い子」ほど、
思春期になると、
お母さんやお父さんとのコミュニケーションが
みるみる減ってしまう可能性があります。

どうすれば、解決できるか?
それは「住まい」の間取りや仕掛けに大きなポイントがあります。

その解決方法とは?
続きはまた今度に。

【ご案内】

建築士で学習塾の塾長の出雲勝一さんが
そんな「子育て」と「住まい」の問題と解決方法を
新刊
『ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた』
で紹介します。

刊行は3月中旬です。
アマゾンでは予約注文ができるようになりました。http://www.amazon.co.jp/dp/4586085118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

学校の図書館に置かれる「選定図書」とは

『生きものお宅拝見!』(北村雄一著)
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31305-1.html

9784586313051

先日の日本図書館協会選定図書につづいて
全国学校図書館協議会の選定図書に決定しました!

この選定図書とは文字どおり、
全国の学校(小学校~大学まで)の図書館に置くにふさわしい本として
選定委員の方が選んでくださったということです。

現在、1年間に出版される図書の点数は、およそ6万点以上。
その中から学校図書館向きの図書を選ぶにはたいへん困難です。
そこで全国学校図書館協議会が、
学校図書館に適した図書を選定しています。
選定は、選定委員に委嘱された小学校、中学校、高等学校、
大学の教員、学校図書館研究者、学識経験者の方々が行います。
(学校図書館協議会HPより)↓
http://www.j-sla.or.jp/about/about-000330.html

北村雄一先生の本はこれまで刊行の本、
すべてが選ばれています!

『深海魚摩訶ふしぎ図鑑』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31301-3.html
P_4

『極限生物摩訶ふしぎ図鑑』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31302-0.html
9784586313020

『忍者生物摩訶ふしぎ図鑑』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31303-7.html
9784586313037

これを機会にぜひご覧ください!

ちなみに、
『生きものお宅拝見!』は、私の息子(高校2年生)が
この冬休みの課題研究の際に、
参考資料として学校に持って行ったら
部活動の仲間で回し読み状態になったようです。

北村先生の文章は非常にわかりやすく、
そして生きものの絵はどこかユーモラスでかわいいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『復刻版 おりがみ』の読者の声

昨年の夏に出しました『復刻版 おりがみ』ですが、
年末~お正月に多くの書店さんでフェアをやっていただいたおかげもあり、
年明けから読者ハガキが戻ってきています。

9784586510009_2

幅広い年齢の方に読んでいただいています。

なかには
「直接、河合先生からおりがみを習った」という方からのハガキもありびっくり!
(河合先生のおりがみは1970年の万国博覧会のパビリオンでも展示されたくらい、
日本のおりがみの先駆者でいらしたのです。)

●内容にボリュームがあり、いろいろ試したいという気持ちになりました。
レベルも初級~上級と、これ一冊でおりがみを楽しめると思いたいへん重宝しています。
ありがとうございます。(宇都宮市・池田書店さんで購入・26歳・女性)

●がんばってつくります。
(大阪市・丸善&ジュンク堂さんで購入・10歳・女性)

●40年以上前に、河合先生におりがみを教えていただき、懐かしくなり本を手にとりました。
(川崎市・住吉書店さんで購入・62歳・女性)

●最近、おりがみにはまっています。おもしろそうなのがたくさん載っていて
挑戦してみようと思いますが、ちょっと図が小さくて……。
大判だと良かったのに残念。
(茨城県・生協注文書で購入・63歳・女性)
⇒文字は今回、大きくできたのですが、図は本の大きさ上できませんでした。
すみません!

●いま、動物園のぞうに気持ちがいっていて、ぞうの顔半分、本の表紙についていたのと、
今年うさぎ年で、うさぎも表紙にあり、くじゃくも好きです。
先生のくじゃくは折りよく、形がよいです。
(東京都・紀伊國屋新宿本店さんでご購入・63歳・女性)

『復刻版 おりがみ』の詳細はこちら↓
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-51000-9.html

※まもなく電子書籍でもこの『復刻版 おりがみ』を販売開始します。
上下2巻に分けての販売予定です。
電子書籍なら画面上で図を拡大して見ていただくことができます。
販売がスタートしましたらまたお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

お母さん、学習机を買うのはちょっと待った!

春からのお子さんの進学に備えて
『子ども部屋を用意しなきゃ』
『学習机はいつ買いに行こうか』

とお考えのお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。

また不況とはいえ、不動産広告もよく見かけます。
いろんな間取りを見ながら、
『ここが子ども部屋になって、リビングのこのあたりにソファを置くかな?』
なんて、まだ買う予定がなくても
間取り図を見るのは楽しいものです。

001

002
だいたいマンションの間取りは似たり寄ったり。それには理由があります。

しかーし、
ちょっと待った!

お子さんが小学校に入るからといって、
すぐ学習机を買う必要は本当にあるのでしょうか?

そもそも、子どもには本当に「子ども部屋」が必要なのでしょうか?

リビングには、大型テレビがあって
その向かい側に大きなソファを置けば、本当に家族みんなの居心地がいいのでしょうか?

「当たり前」と思っていることが、
じつは家を住みにくくしている場合があります。
さらに、お子さんの成長につれて
コミュニケーションをとりにくくしていく可能性があります。

そんな「子育て」と「住まい」の関係について
一級建築士で、かつ学習塾の塾長で、2人の子育て経験者である
出雲勝一さんに本を書いてもらいました。

タイトルが
『ソファを捨てれば、子どもが伸びる!』
サブタイトルは
『家族の元気を生む空間のつくりかた』
という本です。
(四六判・200ページ・税込1365円予定)

いま鋭意編集中で、3月の中頃には書店に並びます。
003

これを読めば、
・なぜマンションの間取りがほぼ同じようなものになっているか
・リビングルームに大きなソファを置くと、子どもはどんな行動をとりだすか
・今住んでいる家をどうすれば子どもとコミュニケーションがとりやすくなるか
・これから家を買う、建てるときにどんな仕掛けをつくれば、家族が元気になるか
・家具にどんな工夫をすれば、家はもっと住みやすくなるのか
・子どもの成長につれて、どのように部屋の使いかたを変えばよいのか

……といったことがわかります。
著者による具体的な間取り図や家具のイラストもたくさん載せますから、
家の模様替え、リフォーム、新築などにもたいへん役立ちます。

でも、この本は、建築・設計の本ではなく、あくまでも『子育て』の本です。
「子どもの力を伸ばすために親はどのような環境をつくっていけばよいのか」が大テーマ
です。

したがって、リフォームや家を買う予定のある人はもちろんですが、
すでに家をお持ちの方、子どもが生まれたばかりの方、これから子育てされる方、教育関係の方、
建築や空間づくりに興味のある方、建築業界の方(!)にもおすすめです。

保育社のホームページ、WEBショップ「ほいくしゃの本屋さん」でも
ご紹介できるようになったら、またご案内させていただきます。
http://www.hoikusha.co.jp/
http://hoikusha-shop.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

日本図書館協会選定図書に決定!

12月に刊行しました
『ウオヅラコレクション』伊藤勝敏著)
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31306-8.html
Uo_hed

『生きものお宅拝見!』(北村雄一著)
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31305-1.html
Otaku_top_05

の2冊が日本図書館協会の選定図書に決定しました。

全国の各種図書館・読書施設が図書を選定、購入するときの参考として
各分野の選定委員約50名が選定したものです。

当社からはこれで
『昆虫摩訶ふしぎ図鑑』(見山博著)
313006hed   
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31300-6.html

『忍者生物摩訶ふしぎ図鑑』(北村雄一著)
Ninja_hed_03
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31303-7.html

『センパイ、その日本語まちがってます!』(植松眞人著)
51fplbclnl__ss500__2
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08508-8.html

『イクメン先生の夢をかなえるわくわく子育て』(太田義昭著)
Wakuwaku_hed_06
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08509-5.html
に続いて、6作目となりました。

これらの本はもちろん、
選定図書にはなっていなくても、
保育社の本はどれも
楽しみながら役に立つ本ばかりです。
小学生から大人まで、
ちょっとかわった切り口でアプローチした本がいっぱい。
ぜひお勧めします。

保育社の本はホームページからご覧いただけます。
http://www.hoikusha.co.jp/product/index.html

ご購入は全国の書店さんで
WEBからでもご購入いただけます。
http://hoikusha-shop.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

読売新聞・科学面で『ウオヅラコレクション』が紹介されました!

『あっ!あの人に似てる!?』の見出しで
1月10日(月)の読売新聞・朝刊・科学面にご紹介いただきました。

20110110

カラーでオビつきの表紙写真まで載せていただきました。
ありがたいことです。shine

ボロカサゴの写真も掲載されました。
どの写真をチョイスするかは記者さんの好みなのでしょう。
この姿、どこかの演歌歌手のように見せませんか?

ほかにも大阪のおばちゃん、ちょいワルオヤジ、タイガースファン、インテリ風、とぼけた番頭さん……人間みたいないろんな顔が73種紹介されています。


おかげさまで、学校図書館からのご注文も増えています。
くわしくはこちらで↓
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31306-8.html

新聞記事と言えば、保育社の記事ではありませんが、
フェンシングの太田雄貴選手の記事も1月5日朝日新聞のスポーツ面で紹介されていました。

20110105
太田選手が勉強会や社会貢献活動を行っていることが競技自体の普及や成績の向上にもつながっているという記事でした。

「アスリートである前に人間なんです」という太田選手の言葉がすばらしい。

その太田選手を育てたお父さん・太田義昭さんは小学校の先生。
オリンピック選手のお父さんである前に、
3人の子育てをされたお父さんであり、教育者です。

太田先生の教育法や雄貴選手ら3人のお子さんの子育てを書いた
『イクメン先生の 夢をかなえるわくわく子育て』も好評発売中です。

くわしくはこちら↓
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08509-5.html

昨年、年末のクリスマスには
京都で少年少女のフェンシング大会があり、行ってきました。

Data
全国から300名近くの小学生~中学生が集まる大規模な大会です。

子どもたちの交流会には保護者の方々も参加され、
そちらで太田義昭先生の講演会も実施していただきました。

もちろん、会場では『わくわく子育て』販売させていただきました。

Sasaki_004

さすが底冷えの京都、体育館は寒かったですが、子どもたちは元気に試合してました。
写真は体育館会場の販売でがんばる当社・佐々木部長!!

大会運営スタッフのみなさま、その節はたいへんお世話になりました。
お弁当もごちそうになりありがとうございました!
おつかれさまでした!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

産経新聞トップ面に!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

約1週間前ですが、もう昨年の話題になり恐縮です。

仕事納めの12月28日の産経新聞夕刊のトップ面
『ウオヅラコレクション』のウオヅラがドドーンっと紹介されました。

20101228

写真が8点、記事のど真ん中。
みんなで手分けして帰りの駅の売店で売り切れる前に必死に買い求めました。(笑)

20101228_001

今月10日の読売新聞(朝刊)の科学面にも『ウオヅラコレクション』取り上げていただける予定です。

年末、紅白歌合戦を見ていて
「あっこの顔、ウオヅラコレクションに出てた!」なんて
失礼なことを思ってしまいました。

今年は、昨年以上にまたがんばります。
春までに子育てに関連する本を2冊
春ごろにケアマネ受験一発合格!の全分野を1冊にまとめた新刊を1冊
を出せるように、ただいま鋭意編集中です。
(年末年始にご執筆いただいている先生方、ありがとうございます!)

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »