« 学習机の選び方 | トップページ | 魚の顔を正面から見ると、人はなぜか笑ってしまう »

2011年2月15日 (火)

「今の農業は観察する力を失っています」

今さらながら
「奇跡のりんご」で知られる農業家・木村秋則さんの本を読みました。

日記のタイトルはその本の中の一文です。

木村さんは脱サラして農業をはじめ、
常識外れと言われたりんごの「自然栽培」に
チャレンジします。

しかし、失敗の連続。
農薬を使わない栽培で、
リンゴの木はことごとく虫にやられてしまいます。

無収入のまま、貧乏生活を強いられ、
ようやく畑全面にリンゴの花が咲いたのは11年後。

その間、近所の農家からは変人扱いどころか、
「あほ」「ろくでなし」と罵倒され、
地域の回覧板さえ回らなくなるような仕打ちを受けます。

しかし、観察に観察を重ね、
試行錯誤を繰り返し、
とうとう自然栽培のリンゴづくりを成功させるのです。

読んでいて、自分自身のことを振り返ってしまいます。

便利だからといって、
目の前にあるものを、深く考えずに使う。

みんながそうしているから、
そのやりかたをそのまま踏襲する。

これを続けると、
人間は自分でものを観察したり、
なぜ?という疑問さえもたなくなります。

農業だけじゃなく、
現代人は観察する力を失っています。

この言葉に私が反応したのは、
じつはつぎに出す本のテーマにも
深い関係があるからです。

「子どもの理科離れ」が
言われて久しくなりますが、
ますます加速度を上げている感があります。

京都の小学校で理科の専任教諭をされている
安達誠先生は、
理科が好きな子どもの力を伸ばすことに
全力を注いでおられます。

安達先生のお話を聞いて思ったことは
理科というのは、
まず観察して、
その変化をとらえて、
その理由を考える
という勉強なんだということでした

これってまさに木村秋則さんが、
言われていることと同じです。

その「課題を見つけて、その原因を明らかにする」という
科学的なものの見かたというは、
なんらかの訓練ですぐにできるようなものでもありません。

安達先生は
「日常の生活から生まれてくるものです」と言います。

子どもが理科離れするか、しないかは
中学生までに決まります。
だから家庭での子どもとの接しかたがポイントになります。

このようなテーマの本をこれも3月に
出せるように現在、鋭意編集中です。

追ってこの日記でご紹介させていただきます。

|

« 学習机の選び方 | トップページ | 魚の顔を正面から見ると、人はなぜか笑ってしまう »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/50868379

この記事へのトラックバック一覧です: 「今の農業は観察する力を失っています」:

« 学習机の選び方 | トップページ | 魚の顔を正面から見ると、人はなぜか笑ってしまう »