« 「お父さん、強制起訴ってなに?」 | トップページ | シャーペンの芯は0.5でHBとだれが決めた? »

2011年2月 2日 (水)

家の中で子どもが勉強しやすい場所はどこか?

昨日の日記でマンションによくある間取りで、
入り口横の部屋を子ども部屋にすると
お母さんが家事する横で、子どもが勉強するのはむずかしい
という話を書きました。

ではどうすればいいのか?

大胆な方法があります。
リビングに子どもが勉強する机を移動してしまうのです。
そうすれば、子どもが勉強している姿を見ながら家事ができます。

子どもも、親の気配を感じながら勉強することができるし、わからないことがあればすぐに親に聞けます。

静かな場所ほど勉強できるというわけではありませんよね。
街中のカフェだとか、図書館とか
少しざわざわしていても、周りに人の気配がしたほうが
かえって集中できたり、長時間続けられたりしませんか。

「……でも、そんな机を置く場所なんてリビングにはないよ」
という声が聞こえてきそうです。

いえ、それがあるのです。そんな場所が。
たとえば……まずは勉強用の机を置かなくても、
ダイニングテーブルを、一回り大きいものを選ぶという手があります。
食事だけでなく、勉強机も兼ねさせてしまうのです。

それから、いまリビングにあるものを他の部屋に移してしまうことも考えられます。
何を?  たとえば、リビングには必ずあるテレビ。
「食事中はテレビを消しましょう」とはよくいわれることですが、
最近は画質もきれいになって大型化してきて、
ますますリビングでの場所をとっています。
これを別の部屋にもっていき、そこでゆっくりテレビを見てもいいですね。リビングはテレビをなくして、家族の会話で盛り上がる場所にする、とか。

あとは、いまあるものを思い切って処分する方法もあります。
何を処分するかは、
下の新刊の案内をみればほぼ想像がつくと思いますが。(笑)

このように「これ本当にリビングルームにいるかな?」と
いままでの「当たり前」をもう一度考えてみるところに
新たな発見や思いがけないアイデアが生まれます。


それって、子育てにも重要なことだと思うのです。 
……この続きはまた今度に。

【ご案内】
建築士で学習塾の塾長の出雲勝一さんが
いろんな「子育て」と「住まい」の問題と解決方法を、新刊
ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた
で紹介します。

刊行は3月中旬です。
アマゾンでは予約注文ができるようになりました。http://www.amazon.co.jp/dp/4586085118

|

« 「お父さん、強制起訴ってなに?」 | トップページ | シャーペンの芯は0.5でHBとだれが決めた? »

新刊・増刷のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/50745664

この記事へのトラックバック一覧です: 家の中で子どもが勉強しやすい場所はどこか?:

« 「お父さん、強制起訴ってなに?」 | トップページ | シャーペンの芯は0.5でHBとだれが決めた? »