新刊・増刷のお知らせ

2011年10月 7日 (金)

『ベランダ菜園セラピー』販促ニュース

『ベランダ菜園セラピー』を記念して
保育社でも保育社菜園部が発足しました。
(保育社facebook参照ください)

003

イチゴとサンチュ、ベビーキャロットです。

さて、『ベランダ菜園セラピー』の書店さんでの販促で
営業のhysさん(♂)が画期的なアイデアをひらめきました。

51ggbvul2l__aa115__2

「店頭で菜園をやってもらいましょうよ!」

「それ、おもしろいやん!」と思うと同時に
「でも大丈夫か?」と思いました。
・店内にプランターを置くと倒れたりする可能性がある。
・倒れると土がこぼれたりしてお客さまや書店さんに迷惑をかける可能性がある。

しかし、hysさん、この2点の不安をクリアする具体的な案を
バッチリ固めてくれました。

そして書店さんに交渉のうえ、
10月12日(火)よりJR新大阪駅構内にある
ブックストア談(by文教堂)さんのご協力を得て、
店頭菜園のディスプレイが実現することになりました!

さて、どのようなディスプレイになるのでしょうか。
JR新大阪界隈に行かれる方、ぜひ見に行ってみてください!

『ベランダ菜園セラピー』、
この本はベランダ菜園のカリスマブロガー・宮田範子さんによるものです。
「大好き☆ベランダ菜園」
http://ameblo.jp/daisuki-ayumi/
http://ameblo.jp/daisuki-ayumi/entry-11005259974.html(本の紹介のページ)

この本は、宮田さんがベランダ菜園をはじめたきっかけ、
そしてやりはじめてわかったベランダ菜園のセラピー効果、
実際にご自宅でどのように洗濯物干して、プランターを置いているのか、
年間を通して、どのようなスケジュールで育てているのか、
……などがわかります。

パッと手にとってパラパラ見ると
2色刷りに見えるのですが、
後半の実際の育てかたはカラ―です!

002

001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月21日 (水)

『検索入門 樹木〔総合版〕』見本アップ!

秋の新刊、続々見本がアップ!

『検索入門 樹木〔総合版〕』
が届きました。

003

これは保育社20年来のロングセラー商品
検索入門『樹木1』『樹木2』の2冊を1冊にまとめたもの
なのにお値段は2冊買うよりずっとお安くいたしました!

今回、この仕事は「ほいくしゃの本屋さん」の店長=hsgwさんが
最初から最後までほぼ一人でやってくれました。

2冊を1冊にするのは簡単なようで、
ページノンブルを付け変えて、
もくじや索引をつくり直して……と根気のいる仕事ですが、
hsgwさん、よくやってくれました。

「アウトドア活動などで気軽に持ち運べるよう、
紙質にも気を配りました」とは本人が言うとおり、
2冊分だけど厚さは2冊分にならぬように
薄い紙を使っています。

004

この秋はアウトドアでは
『検索入門 樹木総合版』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31055-5.html
おうちでは
『ベランダ菜園セラピー』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08513-2.html
と、保育社の2冊で楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

ベランダで野菜をつくると元気になる!?!

家庭菜園が人気ですが、
ベランダ菜園」ってご存知でしょうか?

文字どおり、ベランダで野菜をつくることです。
さて、そこで問題です。
次のうち、ベランダでつくれる野菜をあててください。

・メロン
・スイカ
・ゴボウ
・大根
・サツマイモ
・落花生
・キャベツ

……答えは、全部です!

大阪にベランダ菜園のカリスマと呼ばれている主婦がおられます。
宮田範子さん、「Nori」のお名前で
『大好き☆ベランダ菜園』というブログを書いておられます。
http://ameblo.jp/daisuki-ayumi/

1日のアクセス数1万件以上
ランキングはつねにトップクラスの
大人気ブログなのです。

このたび、その宮田さんの本を出します。
タイトルは
こころとからだが元気になる 
ベランダ菜園セラピー
51ggbvul2l__aa115__3

51ggbvul2l__aa115__4

ベランダ菜園をはじめると、
野菜が育つ楽しみだけでなく、いろんな効果があらわれます。

この本では、野菜の育てかたはもちろんですが、
宮田さんが身をもって経験した、
人生の大きな変化や、野菜たちが与えてくれる癒しや喜び、
家族や周りの人たちとのふれあいについて、
宮田さんにすべて書いていただきました。

このテーマの本を書かれるきっかけは、
ブログを読んだ介護施設の方が、
「自分の施設でベランダ菜園を取り入れたい」と
質問をされてきたことに始まります。

園芸療法を取り入れておられる介護施設は多いようです。
介護施設でベランダ菜園をお考えの方にぜひおすすめします。)

アマゾンでの予約も始まりました。
さっそく予約もいただいているようです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4586085134/

宮田さんのブログでもご紹介いただきました。
http://ameblo.jp/daisuki-ayumi/entry-11005259974.html

編集作業がほぼ終わり、これから印刷に掛かります。
今月末には書店に並びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

「介護福祉士こくし一発合格!」出来(しゅったい)!

昨年から刊行に向けて取り組んできました
介護福祉士の国家試験対策本が先週金曜日に出来上がりました。

Book_63023_2

0110729_002

介護福祉士の受験対策本は、
参考書、問題集、重要ポイント集、一問一答……などいろいろあって、
「どれを買えばいいのかわからない」という声から
「この1冊をきっちり勉強すれば大丈夫!という本をつくろう」
という編集方針でこの本をつくりました。

とくに来年の試験から新カリキュラムへの移項することもあり、
他のどの出版社も
新カリキュラム・新出題基準に対応した本をつくらねばならず、
保育社としても、古くから本を出されている出版社と
同じスタートラインに立てる絶好のチャンスとして、
思い切って飛び込みました。

編集委員会・執筆者の先生方はみなさま、
介護福祉士養成施設(大学・専門学校)で熱心に
教育・研究・実践に取り組んでおられる方ばかり!

ですから、
実践的な勉強を効率的にするのにピッタリなまとめかたになっています。

「これから本格的に勉強をはじめたい」
「とりあえず本を買ったけど、どうも勉強が進まない」
という方にぜひお勧めします!

来週の月曜日(8月8日)には全国の書店に並びます。

くわしくはこちらをご覧ください。↓
http://www.hoikusha.co.jp/recommend/58/index.html

アマゾンでも予約開始しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/458663023X/

先月は追いこみがきつかったですが、
こうして出来上がると、その苦労も吹っ飛びます。

Photo

ちなみに表紙のキャラクターは
ちえぶくろうくん」といいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

ケアマネ受験の人気書籍を電子書籍でも発売!

Photo

『ケアマネ受験重要用語集~まぎらわしい用語が整理できる!
の電子書籍版が販売開始になりました。

iPhone版・iPad版の電子ブック用にするにあたっては、
目次からのリンク、検索ウィンドウでの用語検索はもちろんのこと、
ページ中からワンタッチで関連用語にリンクできるようにしています。

定価900円(税込)です。

iPhone・iPadで手軽に持ち運びできますから、
基礎の勉強から直前対策まで、
働きながら受験対策をする人のすきま時間の学習が容易になります。

AppStoreのアドレスはこちら↓
http://itunes.apple.com/jp/app/id420582254?mt=8

リアル本の『ケアマネ受験重要用語集』も
もちろん好評発売中です。
こちらは全国の書店さん、またはネットでもお買い求めいただけます。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-63020-2.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月14日 (月)

学習机の選び方

前に日記で(1/27)
「お母さん、学習机を買うのはちょっと待った!」
http://hoikusha.txt-nifty.com/blog/2011/01/post-e12c.html
と書きましたが、季節がらでしょうか、
たくさんのアクセスいただきました。

ではどんな机を買えばよいのでしょうか?

「学習机という家具がすべての子どもの学習に万能ではない」ことを前提として
建築士の出雲先生いわく、

・できるだけ、組み換えがきく部材を個別に購入し、
 模様替えや収納物の増加に対応できるようにする

・最悪の場合、処分してもあきらめがつく安いコストのものにする

もう一つの考えかたとして

・子ども用の机ではなく
 親が自分で使ってみたいと思える書斎や家事にも使えるような机を選ぶ

……とのこと。

それを聞いて思い当たる節があります。
(以下、もう40年以上前の話になります)

私は3人兄弟の末っ子で育ちましたが、
6つ上の長兄の机は、
祖父が使っていた古い机のお下がりでした。

1つ上の次兄と私は、
小学校入学と同時に
当時はやり始めたスチールの学習机を買ってもらって
喜んでいました。

ところが、結局いま実家に残っているのは、
祖父のお下がりだった古い机のみです。

もう60年以上前のものになると思いますが、
まだまだしっかりしたものです。

次兄や私が買ってもらった学習机は、
当時はナウかった(!)飛び出すライト付きの本棚などが
机の上にドドーンと設置されていましたが、
中学生のころには
邪魔になって自分で取っ払って使ってました。

高校くらいになると、
次兄がお下がり机を使うようになり、
私は新たに、
そっけない中古の事務用デスクを買ってもらって
わが家の2台の学習机は10年くらいで姿を消しました。

いまはもうあり得ない
方向指示器つきのサイクリング車と同じように、
昭和の高度成長期がまだ続いていたからこそ
ああいう学習机が生まれたのかなとも思います。

季節がら学習机の広告やCMをよく見ますが、
さすがに昔のようなものは減って、
シンプルなものが増えています。

あわてて買わなくてもよいのだと思いますし、
買うのであれば、上記のようなアドバイスが有効だと思います。

住まいも昔の感覚のままで住み続けると、
時代の変化とのギャップで無理や無駄が生じます。
『ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた』
3月中旬刊行予定。

Book_08511

詳細はこちら↓
http://www.hoikusha.co.jp/recommend/52/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

家族がうまくいかないのは家のせい!?

ちびりちびりここでも紹介してきた新刊の入稿がようやく終わりました。
やった!

3月の中旬に書店に並ぶ予定です。

Book_08511

最新の設備を備えた一戸建て、
新築で買ったマンションに住んでいるのに、
子どもが大きくなるにつれて家族のコミュニケーションが
とりにくくなっているケースが少なくありません。

建築士で数多くの住宅設計をし、
かつ学習塾経営で子どもたちやその家庭を見てきた経験から
著者・出雲勝一氏はその原因は家そのものの間取りや
空間のつくりかたにあることを指摘します。

・コンビニの駐車場に、子どもたちがたむろするのは、家よりも居心地がいいからです。

・大人が家の外に居心地のいい場所を求めていると子どもがマネをします。

・女性が結婚後も働くことが今や当たり前の時代、住まいもそれを前提に設計する必要があります。

・つまり、共働きの家庭にはそれにあった間取りや住まいかたがあるのです。

・「子ども部屋」と「学習机」を与えて、子どもが子ども部屋で過ごす時間が長くなるほど、親子のコミュニケーションの時間が短くなります。

・また、リビングの大きなソファが、子どもの居場所を奪っている可能性があります。

・小さな子の子育て期には、イスではなく床に座る「床座(ゆかざ)」の暮らしがあっています。

・リビングはもちろん、家中を子どもが何をしてもよい多目的スペースにしましょう。

3月中旬に刊行予定の
『ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた』
では、
今ご紹介したようなことを実現する7つのコンセプトと
戸建・マンションリフォームの19のプラン、
実際に著者が設計した6つの事例を
たくさんの間取り図とスケッチで具体的に紹介します。

子育て中のお母さん、お父さん、
これから家を買う、建てる、リフォームをお考えのみなさま、
この本を読んでからでも遅くはありません!

詳細はこちら↓
http://www.hoikusha.co.jp/recommend/52/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

家の中で子どもが勉強しやすい場所はどこか?

昨日の日記でマンションによくある間取りで、
入り口横の部屋を子ども部屋にすると
お母さんが家事する横で、子どもが勉強するのはむずかしい
という話を書きました。

ではどうすればいいのか?

大胆な方法があります。
リビングに子どもが勉強する机を移動してしまうのです。
そうすれば、子どもが勉強している姿を見ながら家事ができます。

子どもも、親の気配を感じながら勉強することができるし、わからないことがあればすぐに親に聞けます。

静かな場所ほど勉強できるというわけではありませんよね。
街中のカフェだとか、図書館とか
少しざわざわしていても、周りに人の気配がしたほうが
かえって集中できたり、長時間続けられたりしませんか。

「……でも、そんな机を置く場所なんてリビングにはないよ」
という声が聞こえてきそうです。

いえ、それがあるのです。そんな場所が。
たとえば……まずは勉強用の机を置かなくても、
ダイニングテーブルを、一回り大きいものを選ぶという手があります。
食事だけでなく、勉強机も兼ねさせてしまうのです。

それから、いまリビングにあるものを他の部屋に移してしまうことも考えられます。
何を?  たとえば、リビングには必ずあるテレビ。
「食事中はテレビを消しましょう」とはよくいわれることですが、
最近は画質もきれいになって大型化してきて、
ますますリビングでの場所をとっています。
これを別の部屋にもっていき、そこでゆっくりテレビを見てもいいですね。リビングはテレビをなくして、家族の会話で盛り上がる場所にする、とか。

あとは、いまあるものを思い切って処分する方法もあります。
何を処分するかは、
下の新刊の案内をみればほぼ想像がつくと思いますが。(笑)

このように「これ本当にリビングルームにいるかな?」と
いままでの「当たり前」をもう一度考えてみるところに
新たな発見や思いがけないアイデアが生まれます。


それって、子育てにも重要なことだと思うのです。 
……この続きはまた今度に。

【ご案内】
建築士で学習塾の塾長の出雲勝一さんが
いろんな「子育て」と「住まい」の問題と解決方法を、新刊
ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた
で紹介します。

刊行は3月中旬です。
アマゾンでは予約注文ができるようになりました。http://www.amazon.co.jp/dp/4586085118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

なぜ新築マンションの間取りは似たり寄ったりなのか?

昨日、「良い子」ほど思春期になると
お母さんやお父さんとのコミュニケーションが
減ってしまう可能性がある
という話を書きました。

その解決方法としては、
お母さんやお父さんが家事や仕事をしている場所で
子どもが勉強や読書をできるような
間取りにするという方法があります。

頭の良い子は、勉強部屋で勉強しないという本が
数年前にありましたが、それもこの解決方法と共通点がありますね。

でも、それはどんな間取りなのでしょう。

新築のマンション広告などを見ていると
どれも似たような間取りになっていることに気づきます。

002

入口から入って両側に部屋があって、その向こうにトイレとお風呂。
そこを抜けるとリビングがあって、その横に和室
……これがいちばん多いパターンですね。

なぜ新築マンションでは
リビングの横に和室がついているという間取りが多いのでしょう?

それは建築基準法で、
「続き間の場合は常時開閉可能な建具で仕切られた場合は1部屋とみなす」
という緩和規定がある
ので、
部屋数を増やすにはリビングの隣に部屋をつくるのが
いちばん手っ取り早いからだそうです。

001

たしかに、同じ面積でも
『2LDK』よりも『3LDK』を選ぶのが人情ってものです。confident

ただ、このような間取りだと
入口横の部屋が自然と
「子ども部屋」になることが多いです。

(じつはわが家もそうです……)

そうなると、お母さんの家事の横で子どもが勉強するということは難しくなりますね。

では、どうすればよいか?
この続きは次回に。

【ご案内】
建築士で学習塾の塾長の出雲勝一さんが
そんな「子育て」と「住まい」の問題と解決方法を
新刊
『ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた』
で紹介します。

刊行は3月中旬です。
アマゾンでは予約注文ができるようになりました。http://www.amazon.co.jp/dp/4586085118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

電子書籍で「おりがみ」を読むメリットは?

当社刊行の『復刻版おりがみ』
電子書籍になり1月26日から発売しています。
開発・販売はImpressTouchさんです。

9784586510009
この表紙はリアル本のものです。

内容はリアル本と同じです。
ただし、上下巻の2つにわかれています。
上は<伝承から創作へ>  ~リアル本の「第一部」
下は<創作への誘い>    ~リアル本の「第二部」 
上が基本中心、下が創作中心です。
それぞれ450円です。
(電子書籍は上下ご購入いただいても900円と、少しお求め安くなっています。)

電子書籍で「復刻版おりがみ」を読むメリットは、
●ページを開いたままにできるから、見ながらおりがみがやりやすい。
●展開図などの絵を画面上で大きく表示できるから、細かいところがみやすい

この2点かと思います。
あとは
●海外におられるかたでも購入いただける
日本の文化を伝えるときには「おりがみ」は
力強いコミュニケーションツールになります。

海外勤務になった方が、
まだ言葉もうまく使えないときに、
パーティーでおりがみの鶴を折ってプレゼントしたら
次から次へ人が押し寄せて
一気に友だちが増えたということを聞いたことがあります。

今回、リアル本にはない上記のようなメリットを感じていただけるかと思い、
ImpressTouchさんとの協力で完成いたしました。

i-tuneでお求めいただけます。
くわしくは、こちらをご覧ください↓
復刻版おりがみ 上巻<伝承から創作へ> for iPad
http://itunes.apple.com/jp/app/id415614741?mt=8

復刻版おりがみ 下巻<創作への誘い> for iPad
http://itunes.apple.com/jp/app/id415612730?mt=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)