ふと思ったこと

2012年3月 9日 (金)

大人への道

このあいだ、バスに乗って立っていたら、
だれかがトントンと背中をたたく。

振り向くとおばあさんが、
私のカバンを指さして、
... 「カバンが開いてるよ」と言う。
私は一瞬、なんのことかわからなかったが、
肩から斜に掛けてたカバンのチャックが開いていたのだ。

そのカバンはトートバッグみたいな形をしているので、
じつはふだんからあまりチャックを閉じていない。
だからよけいにピンとこなかったのだ。

「あ、ありがとうございます」と言って
私はチャックを閉じた。
「大事なもんがとられるよ」と言って
おばあさんはニコニコうなづいている。

自分では、開けて使っているのがふだんの姿なのだが、
そうか、おばあちゃんにしてみたら
(たぶん私は息子くらいの年齢になるのだろう)
「ええ年してだらしないのう」か
「うっかりしとるのう」ってな感じに見えたのかもしれない。

大人になるというのは、
大人に認められることなのかな。
まだ大人にはなれていないようだ。

そう言えば、中学生のときに
アディダスのスポーツバッグにジャージが入りきらず、
半分開けて下校してたら
部活の先生にも「カバンを閉めて帰れ」って言われてたな(笑)。

これまで気にしていなかったが、
今日はカバンのチャックを閉じてきた。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)


★『こころとからだが元気になる ベランダ菜園セラピー』
Photo_5
人には癒しが必要です。
癒しの少ない日常、ベランダで野菜をつくってみませんか。
人生が変わるほど、変化が起きます。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08513-2.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月 7日 (水)

最近の出来事

最近の出来事1

本屋でオバチャンが大きな声で
「これな、子どもに読ませたほうがええで。
スティーブ『ン』・ジョブス。
すごいええらしいわ、スティーブン・ジョブスな!」
オバチャンが先に読んだほうがいい。

最近の出来事2

喫茶店に入っていたら、いきなり照明が半分消えた。
アルバイトの子がスイッチを間違えたらしい。
あわててスイッチをさわろうとするそのアルバイトにマスターが一言。
「わからんかったら、わかるやつにやってもらえ。
もう半分も消してまうかもしれんやろ!」
簡潔で、的を射た指示。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)
いろんな人がいるからおもしろい。
深い海の底にも
おもしろい生きものがたくさんいる。
『深海魚摩訶ふしぎ図鑑(改訂新版)』
★イラストがグンと大きくなって、点数が増えました。
Photo
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-31310-5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

雨の土曜日

休日にJR山科駅前の喫茶『サニー』に行った。。
中学の同級生の店だが、その日は店主がいなかった。

流れてるBGMが70~80年代のソウルとロック。
知ってる曲も、知らない曲もええのばっかり。

雨の山科、こんな音楽は青春時代を思い出させる。

……映画のようには輝いてもいなかったが(笑)、
映画にならないような青春時代が、今の自分につながっている。

待ち合わせなのだけどずっとそのまま聞いていたい気分だった。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)

★『ソファを捨てれば、子どもが伸びる!』
Photo_4
人生はすぐに変えられないが、家のレイアウトは変えられる。
リビングのソファをなくすだけで、
家族のコミュニケーションがかわってきます。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08511-8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

そこには誰かがいる

いつも空とおしゃべりしながら、
ひとりで学校にいく男の子が近所にいます。

小学生のころは毎日、お父さんかお母さんが、
いっしょに通学付き添っていましたが、
中学生になってからは、一人で通学するようになりました。

私がいつも自転車でマンションを出ようとすると、
ちょうど彼も通路にいることが多いので、
「おはよう」と声をかけるようにしています。

最初のころは、空とのおしゃべりに夢中だった彼も、
しばらくすると「おはよう」と返してくれるようになりました。
そしてまたすぐ、彼にしか見えない、空にいる誰かとおしゃべりをはじめるのです。

けさ、自転車でマンションを出ようとしたら、
通路に5、6人の中学生が、ふざけながら歩いていました。

そのうしろに、いっもの彼がいつものように空とおしゃべりしながら歩いていました。
私は急いでいたので、
その中学生たちが早く広い通りに出てくれないかな、と思いながらも、
相手は中学生なので、まぁ仕方ないか、と後ろをゆっくり進みながら
いつものように彼に「おはよう」声をかけました。

すると彼はいつものようにおしゃべりをやめて
「おはよう」と応えてくれました。

それから、です。

前を歩く中学生たちにボーイソプラノのようなきれいな声で、
「ねえ、よけてあげて」と言ってくれたのです。

中学生たちはびっくりして後ろを振り向き、
「あ、ごめんなさい」と言って道あけて私を通してくれました。

私は「ありがとうね、ごめんね」と言ってそこを通り抜けました。
雪が降りそうな寒い朝でしたが、
私はあたたかい気持ちになって駅までペダルをこぎました。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)

★『中学生までで決まる リケダン・リケジョの育てかた』
Photo_3
新学期、お子さまの将来を考えるときに役に立ちます。
文系のお父さん・お母さんでも理系の子どもは育ちます。
親ができるのは可能性を伸ばしてあげることです。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08512-5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

車内のいびきにご用心

人身事故で遅れているJRに乗っている。
信号待ちでときどき停車する。
止まった車内は妙な沈黙だ。

そのなかに響きわたる
……オヤジのいびき。

思わず何人かが声を殺して笑っている。
オヤジに罪はない。
むしろ、この沈黙のなかで何人かを笑わせたのは讃えられるべきことかもしれない。
しかし、いびきは脳溢血の前兆のときもある。

「お客さまのなかにどなたかお医者さまはおられませんか?!」
おや、なんと勇気ある女性だ!

……いかん、ついウトウトしてしまった。
沈黙といびきを破り電車が動き出す。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)

★『64歳で死んでしまってもよいのですか』
4
実年齢よりも内臓年齢が寿命を決めるという事実!
30歳を過ぎたら「内臓ダイエット」をはじめましょう。
春のダイエットにむけて、お父さん・お母さん必読!
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08515-6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

アシスト付き自転車に乗って

このところ、更新をしていませんでした。
近い将来?、リニューアルをしようと思っています。

それまで、場つなぎですが
最近facebookに書いた近況を数日アップします。
(facebookをご覧の方は同じものですが、お許しください。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

通勤でアシスト付きの自転車に乗っていますが、
2年ほど経つのと、寒いせいか
バッテリーがすぐなくなります。

そこでバッテリーを長持ちさせるために、
しばらく走って勢いがついたら、
スイッチを切って後は自力で走るようにしました。

そこで気づいたこと。
じつはアシスト付き自転車って
スピードがある程度出ているとアシストなしになるようにできているみたいで、
スイッチをきっても、
ほぼ同じ力で走れます。

アシスト付きが力を発揮するのは、
坂道と走り始めです。

これって子育てや教育と似ています。
助けがいるのはスタートするときと上り坂。

あとはけっこう自分で走れるものです。
よけいなバッテリーは使わないほうがいいです。
……と思いながら帰ってきました。

夜風に少しだけ春の気配がしました。

+++++++++++++++++++++++++++(facebookの日記より)

★『あんしん! ママごはんと赤ちゃんごはん』
Photo_2
子育てには食べものがたいせつ。
年明けより書店さんから注文をたくさんいただいています。
また、妊婦さんへの指導にも役に立つと、
助産師さんにもたくさんお買い求めいただいています。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08514-9.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

背中が熱い!

Photo

西日の差す部屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

シャーペンの芯は0.5でHBとだれが決めた?

子どものころ、文房具屋さんが大好きでした。

とくに買うものがなくても、新しい鉛筆や筆箱、
消しゴムやノートを見ているのが好きだったのです。

ところが、最近は街の文房具屋さんが減ってしまって、
自分が大人になって、子どもに文房具を買うころには、
ホームセンターや大型ショッピングセンターがそれに代わるようになっていました。

そうすると品揃えがどうしても少なくなります。
もちろん、キャラクター商品などはたくさんあるのですが、
鉛筆の濃さなどのバリエーションがありません。
たいていHB、あっていきなり2Bなどしかないのです。

残念なのはシャーペンの芯です。
私がずっと愛用してきたシャーペンはクロスの0.9ミリでした。
濃さはHBを使うようにしていました。

ところが0.9ミリの芯はなかなか置いていないのです。
そこでやむなく0.5ミリのシャーペンを使うことにして、
筆圧を弱くするように心掛けました。
その分、芯を濃いBにしました。

ところがまた困ったことがありました。
0.5ミリの芯でも濃さは圧倒的にHBが多いのです。

だから世の中には「シャーペンの芯の太さ0.5ミリで、濃さはHB」
のユーザーが圧倒的に多いはずです。
意識せずに買うときっとそうなります。

でも、子どもにシャーペンを買い与えるときは、
子どもの筆圧や書く字によって、
芯の太さや濃さを選んでやるほうがよいと思います。

私も自分の子どもがシャーペンを使い出したときに、
ノートを見たらえらく字が薄くて読みにくいので
(私の老眼のせいではなく)
「HBじゃなくてBの芯を使うようにしたら」と買い与えました。

テストやノートの提出のときに、
字が薄くて、先生に読んでもらえなかったら、
せっかくの正解もちゃんと評価されないかもしれません。

子どもの文房具選びも
「これがふつうで当たり前」という枠組みから少し離れてみるのもよいかと思います。

【ご案内】
いろんな「子育て」と「住まい」の問題と解決方法を紹介する新刊
ソファを捨てれば、子どもが伸びる! 家族の元気を生む空間のつくりかた

刊行は3月中旬です。
アマゾンでは予約注文ができるようになりました。http://www.amazon.co.jp/dp/4586085118

建築士で学習塾の塾長の出雲勝一さんも大の文房具好き。
製図用のシャーペンは0.3、0.5、0.7、0.9といろいろあるようです。
本の中でも、道具の選びかたにもふれてもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

「お父さん、強制起訴ってなに?」

日本の政治がさっぱりワヤな状態になっています。
しかし、今のような世の中は、かえって家庭内では政治の話がしやすいかもしれません。

2009年、衆議院選挙で政権交代がありました。
それで与党と野党が入れ換わりました。
そして新しい総理大臣が誕生しました。
でもマニフェストで掲げたことがなかなか実現できません。
沖縄の基地問題なども解決できずに、総理大臣はやめました。
その影響や新しく総理大臣になった人の「消費税アップ」発言もあり、
2010年の参議院選で与党は勢いをなくしてしまいました。
そんななかで、尖閣諸島や北方領土の問題が起こり、
日本の外交問題にも大きな課題が見えてきました。
政治とカネ(献金)の問題もまだ解決していません。
野党は、衆議院解散を求めていますが、それもまだ切り札がありません。
昨日は与党の元代表が起訴ではなく強制起訴されました。

……こんな話をリアルタイムで経験できるのが今の子どもたちでもあるわけです。
「与党ってなに?」
「沖縄にどうしてアメリカの基地があるの?」
「消費税ってなにに使うの?」
「なんで解散しろって言っているの?」
「尖閣諸島ってどこ?北方領土ってどこ?」
「献金って悪いことなの?」
「起訴と強制起訴ってなにが違うの?」
……子どもにとってはわからないことだらけかもしれません。
大人だって、すぐには答えられないこともあります。

親子でニュースや新聞を見ながら勉強したり、
話ができるチャンスでもあります。

今の政治のていたらくぶりを反面教師にしながら
志高き人を育てていくのが大人の責任かと思います。

【ご案内】
去年の参院選の前に出した『ネコのマロン、参院選に立つ』は
刊行したのが選挙の直前過ぎて、
選挙が終わったらすぐに片づけてしまった書店さんも多く残念な思いをしました。

でも、ストーリー仕立てで、楽しめながら読める政治の本ということで、
その後も中学や高校の図書館からの注文をいただいています。

『ネコのマロン、参院選に立つ』
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/9784-586-08510-1.html
マロンのHP:http://www.isana-ad.com/maron/pc/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

腰痛リハビリテーション

お盆休みに実家に帰ったときに
いつもよりクーラーの効いた部屋で寝て以来、
持病の腰痛thunderが出てきて治療に通っています。(ノ_-。)

早めに治療に行ったことで順調に回復しています。

昨日は理学療法士さんによるリハビリでしたが、
不思議なものです。
激しくマッサージするわけでもなく、
いろんなところをギューッと押すことをしているようなだけなのに
ジワジワshineと利いてきます。

昨日は、
治療前に痛くてあまりできなかった前屈が、
終わった後には痛みなくできるようになりました。

家でできる腹筋を鍛える運動と(腹筋を鍛えることで座っている姿勢のときの腰痛が軽減できるらしい)
お尻から腰の筋肉を伸ばすストレッチを教えてもらいました。

やはり体のことは自分で理解しながらケアしないと、
人任せではいけませんね。

保育社でも健康に関するカラーブックスをいろいろ出しています。
「ほいくしゃの本屋さん」の健康のページでもご紹介しています。

*いずれも新刊ではありませんので、発売時期をご確認ください。
http://hoikusha-shop.jp/SHOP/521242/551964/list.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)