« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

『日本人のルーツ』、『はにわの動物園』

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第6回目は、「こんなテーマのカラーブックスがあったんだ!」と驚かずにはいられない、意外なテーマのカラーブックスを数回に分けてご紹介いたします。第1弾の今回は、『日本人のルーツ』と『はにわの動物園』の2冊です。


Img_3384_2

カラーブックス600「日本人のルーツ —その探求の一方法—」加治木義博 著(昭和58年初版、現在絶版)

テーマは「日本人の先祖はどこからやってきたのか?」…かなりマニアックなカラーブックスです。本書では、日本は一つの民族が日本列島の中で増えていったのではなく、様々な国から複数の民族が渡来してできた国だったのではないかという説を、いろいろな実例とともに紹介しています。


Img_3385
↑婦人服のルーツを日本の埴輪とタイのリス族と比較するマネキン…


たとえば、古墳から出てきた埴輪の衣装と他国の民族衣装との共通点を探ったり、ギリシャの鎧と古墳時代の鎧を比較したりと、著者自身がこの謎解きを楽しんでいます。私自身も、「真実の歴史は時の権力者によって都合よくねじ曲げられていて、後世に本当ことが伝わっていないのではないか?」という、いわゆる「偽史」というものにロマンを感じたりします。すでに絶版なのですが、古代史の謎ときに興味のある方には是非オススメしたいカラーブックスです。


古代史つながりでもう一冊。

Img_3392_2

カラーブックス862「はにわの博物館」千賀久 著(平成6年初版、発売中)

古墳調査で有名な奈良県立橿原(かしはら)考古学研究所の附属博物館にて「はにわの動物園」というタイトルの特別展が1990年に開催されました。本書の著者は、その展示の担当学芸員で、動物埴輪ばかりを集めた展示は子どもたちにも大好評だったそうです。このカラーブックスでは、埴輪を動物別に分けて、ニワトリ、水鳥、魚、馬、犬とイノシシ、鹿、牛、鷹、猿の埴輪を紹介しています。「はにわの動物園」誌上展覧会というわけです。

Img_3388_2

もともと死者の霊魂を慰めるために古墳の周囲に飾られたという埴輪。その素朴さや愛嬌のある表情が、今も見る人々の目を楽しませ、心を和ませます。学校の教科書で馬や猿の埴輪くらいなら見たことありましたが、犬やイノシシ、水鳥、鹿の埴輪まであるとは知りませんでした。

Img_3391_2

展示が行われた当時、お堅いイメージのある橿原考古学研究所に近所の幼稚園の園児たちが訪れたそうで、館始まって以来のことだったそうです。可愛い埴輪が盛りだくさんの本書は、保育社ホームページで絶賛発売中です。ご購入はコチラ


今年最後の更新となりました。来年もカラーブックスの魅力をたっぷりお伝えしてまいりますので、どうぞ当ブログを宜しくお願いします! それでは、みなさま良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

ジャケ買いカラーブックス集 その1

Furusato_2

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第5回目は、今までとちょっと趣向を変えて、表紙が一風変わっていて、インパクトがあり、そして面白いカラーブックスを何冊か取り上げてみたいと思います。題して「ジャケ買いカラーブックス集 その1」。
まずは、カラーブックス658「東京で食べられる ふるさとの味」桜井華子 著(昭和59年初版、現在絶版)。囲炉裏できりたんぽを食す若い女性の前で、着物の女性が民謡を唄いながら踊ってます。ここは渋谷・道玄坂上にあった秋田料理の店「ふるさと」。郷土料理店紹介本ということが一目で分かるイイ表紙です。


Img_3378

お次は同じ味つながりで、カラーブックス665「広島 味どころ」柏村武昭 著(昭和60年初版、現在絶版)。伝説の長寿番組「お笑いまんが道場」の司会や、今では国会議員としても活躍中の柏村さんの広島グルメ本。なんと、この似顔絵は「まんが道場」でおなじみ富永一朗先生によるもの。故鈴木義司先生との対決マンガや土管ネタが懐かしい…。「カーチャーン!」


Img_3379


味や似顔絵つながりでもう一本、カラーブックス608「コーヒーの店 −大阪−」キダ・タロー 著(昭和58年初版、現在絶版)。2時のワイドショー、プロポーズ大作戦のテーマソングでおなじみ「浪花のモーツァルト」こと、キダ・タロー先生による大阪のコーヒー飲みだおれ本。大阪中のコーヒー屋に突撃しては店主や店員にツッコミ入れまくり。表紙の似顔絵は、ナニワの文化や風俗を描き続けている成瀬国晴画伯のもの。


Kankonsousai_2


変わってこちらは、カラーブックス480「冠婚葬祭 2葬儀と供養」千登三子 著(昭和54年初版、現在絶版)。真面目なテーマの本なんですが、なんだか演歌のポスターのような佇まいで、来宮良子のナレーションが聴こえてきそう。「浮世舞台の花道は、表もあれば裏もある…」

Konyoku_2


最後は、刺激的なテーマが笑いを誘うカラーブックス698「混浴温泉」藤嶽彰英 著(昭和61年初版、現在絶版)。著者の藤嶽さんが嬉しそうにギャルと混浴している写真はインパクト大。藤嶽さんは、まえがきで「理屈じゃなしに、生まれたままの姿で、「はじめまして、よろしく」の人類愛なくして、しあわせの文化は望めないでしょう」と、混浴の必要性を熱く語っておられます。なお、同じ著者によるカラーブックス448「秘湯の旅」は絶賛発売中です。マニアックな温泉が盛り沢山のガイドブックですので是非チェックしてみてくださいね。→コチラ

今回は、ちょっと趣向を変えて、ジャケがオモロいカラーブックスのご紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »