« 『蕎麦入門』 | トップページ | 『ねこ』 »

2008年1月31日 (木)

『香水』

Img_3491


カラーブックス80「香水 —世界の香水のすべて―」堅田道久 著(昭和40年初版、絶賛発売中)

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第8回目も前回と同様に、今もロングセラーを続けているカラーブックスをご紹介いたします。今回は『香水 ―世界の香水のすべて―』です。

Img_3497

「香料の消費の多少が、文化国家のバロメーターとさえいわれている現在、香水はぜいたく品だ、つけるのはオシャレだという考えは、もう過去のものとなりました。香水をつけて心をなごやかにし、日常生活にうるおいを与えることは、文化人のみだしなみといえるでしょう。」と、はしがきで語る著者は、香料研究のためにフランスへ留学し、「匂いと香料」「香水のすすめ」という著書もある香水界のエキスパート・資生堂の堅田道久氏。本書は、そんな香水博士による歴史から使用法、保存方法までをおさえたミニ香水百科事典です。

Img_3506

香水の始まりは、アルコールに香料を溶かした現在の形の物が登場した16世紀、エリザベス女王愛用の「ハンガリー・ウォーター」であると言われています。19世紀に入って、安価な香料が大量生産できるようになったことで一般的に普及し、今日では女性にとって日常の必需品となっています。

Img_3500_2

香水と聞いて私が真っ先に思い出すのは、「シャネルの5番」。かのマリリン・モンローが愛用し、「私はシャネル5番を着て寝るのよ」と言ったというエピソードはあまりにも有名です。本書でもそのことに触れていますが、「この香水は寝るときにつけるの」と言ったことを訳し間違えたのが真相とか。このシャネルの5番、調香の天才といわれたエルネスト・ボー氏が、第一次大戦の従軍時に訪れた北欧の匂いを思い出しながら調香して作り上げられたもの。1924年、パリの高級衣裳店の経営者シャネル夫人が、ボー氏が創作した1番から24番までの香水のうち5番の匂いが特に気に入り、シャネル夫人の選んだ5番目の香水ということで「シャネルNO5」と名付けて店頭で売り出しました。はじめは見向きもされなかったこの香水ですが、徐々に話題を呼ぶようになり、ついには破産しかけていた衣裳部を閉じて、香水販売に最も力を入れるようになったそうです。その後、シャネルは香水の代名詞として世界中に知られるようになったことは言うまでもありません。あまりにも有名で身近な存在のシャネルにも、こんな誕生秘話があったんですね。

Img_3512

本書には、そんな面白い香水の四方山話から、香水の花の種類や製造方法までが豊富なカラー写真とともに紹介されています。また、発行当時のファッションを感じさせる素敵な写真も満載。鏡台の引き出しの中、本物の香水の横にそっと置いておきたい…そんなカラーブックス「香水」は、今でも保育社のホームページで購入可能です。美しいカラー写真と、ためになる豆知識を是非お手元に。
購入はコチラから←。

今回は、大人の女性の身だしなみ、「香水」のご紹介でした。

|

« 『蕎麦入門』 | トップページ | 『ねこ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんな素敵なブログがあったなんて!

私がカラーブックスにはまった一冊目が、この『香水』でした。
その後、『小住宅』やら『お酢』やらいろいろ集めています。
私にとってのカラーブックスの魅力は、昭和の家庭科の教科書みたいなところです。写真も、写ってるモノたちも、懐かしくてオシャレですよね。
『小住宅の庭』なんて、昔の積水ハウスのような、東宝の社長シリーズの社長が住んでそうなお上品♪なお家ばかりで素敵です。


これからもたくさん紹介してください。楽しみにしています。

投稿: ミケ秀 | 2011年4月21日 (木) 20時46分

ミケ秀さま

すみません、感想が書いてあったことに気づかず、ご返信おそくなりました。当ブログをご拝読いただき有り難うございます。カラーブックスの魅力は、やはり「昭和」の教科書的なところですよね、家具もインテリアも雑貨も懐かしいような見たこと無いような、見るたびに発見があって楽しくなってしまいます。

小住宅の庭、そうそうこの時代の家って、なぜか大谷石を多用していて、なんだか雰囲気がありますよね。今月で88回を迎える当ブログを今後とも宜しくお願いいたします。月2回更新しております。※だいたい月半ばと月末に更新です。

投稿: 田端宏章 | 2011年5月31日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/17913918

この記事へのトラックバック一覧です: 『香水』:

« 『蕎麦入門』 | トップページ | 『ねこ』 »