« 『新しい宝石』 | トップページ | 『かがく遊び』 »

2008年7月31日 (木)

『つけもの』

Photo

カラーブックス423「つけもの」小川 敏男 著(昭和53年初版、絶賛発売中)

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第20回目もご存じの通り、ロングセラーを続けているカラーブックスをご紹介いたします。今回は、ニッポンの味『つけもの』です。

私は漬物が大好きです。例えばカレー屋さんに行ったときは、どっちがメインなのか分からなくなるほど福神漬をのせて食べますし、我が家の食卓には必ず「にんにくのたまり漬け」が常に置かれています。また、オークションで古い漬物器を購入したので、大根とキャベツの味噌漬けを作ってみたり、カブを梅ふりかけで漬けた美味しい漬物も作っています。私の漬物好きは幼少の頃からで、実家の食卓には白菜ときゅうりの漬物が毎日のように並んでいたことが少なからず影響しているのかもしれません。ちなみに、私の弟も大の漬物好きであります。私の食生活にとって、漬物はなくてはならない、大切なおかずなのです。

そんな漬物好きの私をトリコにするのが、今回ご紹介するカラーブックスです。本書には「全国各地の特産つけもの」から「つけものの漬け方」、お約束の豆知識までを網羅した、いわゆる「つけもの事典」といっても過言ではない一冊。著者は、漬物研究で農学博士にまでなった「つけもの博士」こと東京都農業試験場の小川敏男氏です。本書の特徴は、前半で全国各地の漬物を紹介し、そのあとに実際に漬けるためのレシピがイラスト入りで紹介されているところです。知識も得られて、実際に漬物も作れる…まさに一石二鳥のカラーブックスです。では、そんな本書から今回も選りすぐりのカラー写真をご紹介させていただきます。


Photo_2

↑いぶりたくあん(秋田)
いろりの煙でダイコンをいぶしながら干して、その後にたくあんとして漬け込む。いろりの少なくなった現在は、専用の燻煙室などを使って製造しているという。ここまで吊り下げられると、まるで草間彌生の作品みたい。 こんなところで民話でも聞いたら臨場感がありそう…。

Photo_3

↑べったら市のにぎわい。保健所なんてなんのその、ドカッとむき出し販売なのが豪快でよろしい。「べったら漬」は東京の名産であり、今も中央区小伝馬町にある恵比須神社の「えびす講」前夜祭に、べったら漬の市がたつ。ちなみに、べったら漬とはダイコンを米こうじと砂糖で浅く漬けたもの。

T

↑名古屋の名産「守口漬」の原料となる守口ダイコン。名古屋の西方から岐阜にかけて、このような細長いダイコンがとれるという。ヒトの背丈(180センチ)ほどあるというロングダイコンは、もはや太めのゴボウといった雰囲気。

Img_4438

Img_4436

↑毒々しい色の漬物カラー写真、2枚目が実際の「ぬかみそ漬け」レシピページ。マンガ風イラストで、漬け方を分かりやすく説明している。


では、ここで連載20回記念の特別企画。今回の「つけもの」紹介のために、初めて作る変わり種の漬物にチャレンジしてみたいと思います! 今回チャレンジするのは、「モッツァレラチーズのにんにくしょうゆ漬」。この漬物、実は銀座・ライオンのメニューにもなっており、大変美味しいとの噂。レシピを入手いたしましたので、さっそく試しに作ってみました。

「モッツァレラチーズのにんにくしょうゆ漬」

《作り方》


Img_4441

【1】 まず、にんにく醤油をつくります。にんにくのスライス1/2かけ分、醤油(適量)、かつおぶし(適量)をビニール袋の中に入れます。その中に市販の「モッツァレラチーズ」を一個、そのまま入れます。袋の口を縛って軽く揉み、そのまま漬け込みます。


Img_4444

【2】早く食べたい場合は約1時間で表面が美味しく漬かります。理想としては1日くらい漬け込むとベター。(写真は漬け込んで1時間半くらいのもの)※にんにくを入れすぎると臭くなるので注意してください。


Img_4447

【3】スライスして皿に盛れば出来上がり。ワインによく合いますよ。


Img_4450

↑我が家のワンちゃん家族も「美味しそう!」と喜んでいます。


まるでスモークチーズのような風味が味わえますよ(私的には、ろばた漬のような味だと感じました)。みなさんも一度おためしください。


いかがでしたでしょうか? 本書にはまだまだ、美味しい漬物と美しいカラー写真が多数掲載されていますので、是非ご覧になってみてください。ポリポリカリカリな漬物がたくさん掲載された本書は、もちろん今でも購入が可能です。ご購入はコチラから←。今回は、日本の伝統食『つけもの』のご紹介でした。

|

« 『新しい宝石』 | トップページ | 『かがく遊び』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/42018265

この記事へのトラックバック一覧です: 『つけもの』:

« 『新しい宝石』 | トップページ | 『かがく遊び』 »