« 『駅弁旅行』 | トップページ | 『鉢植園芸』 »

2008年10月31日 (金)

『赤ちゃんといっしょ』

Img_5236

カラーブックス644「赤ちゃんといっしょ」南部 春生 著、(昭和59年初版、絶賛発売中)

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第26回目も面白いテーマのカラーブックスをご紹介いたします。今回は、新しい家族のための実用書『赤ちゃんといっしょ』です。

子供ができたら食事はどうしよう、遊びは、トイレは、健康は…育児に悩みは付きものです。本書の著者、北海道大学医学部卒の医学博士・南部春生氏は、「はじめに」で次のように語っています。

「最近は赤ちゃんのことが科学的にわかってきましたが、中でも、赤ちゃんの状態に合わせたおつき合いがとくに大切です。しかし、この"赤ちゃんに合わせたおつき合い"こそ、最も、お母さんの思い通りにならないことです。この悩み多いお母さんのために、少しでもお役に立てるならばと考えて、昭和五十六年から一年間、五十回にわたり北海道新聞に綴ってきたのが、この『赤ちゃんといっしょ』です。」

本書には、離乳食のことから予防接種についてまで、赤ちゃんを育てるための疑問や解決方法等、育児に関するABCがギッシリと詰まっています。さて、実用的な部分は本書を実際にお買い上げいただいてからお読みいただくとして、このブログでは例によって素敵なカラー図版を子育てのキーワードとともにご紹介いたします。

Img_5242

↑うつぶせ遊び 「こんな自然な運動がいちばんよい」。お母さんも同じ運動をすると良いとか。では、ご一緒に、いっせーのーせっ、「だぁー」

Img_5244
↑おしゃべり 「お姉ちゃんやお兄ちゃんとおしゃべり」。右のお兄ちゃんはちょっとイヤそう?

Img_5261
↑外気浴、日光浴 「晴れた日は、お日さまが最高のともだち」。お母様の髪型やサングラス風メガネがイカしてます…

Img_5250
音 「音を伝える羊水…お腹の中で聞き慣れる」。先生曰く、赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、すでに世の中の音をほとんど聞いて生活しているとか。原宿のお土産風タッチのイラストが80年代的。

いかがでしたでしょうか? 本書にはまだまだ、面白い赤ちゃん育児図版が多数掲載されていますので、是非ご覧になってみてください。残念ながら、今回はあまり沢山の図版をご紹介できませんでしたが、本書はまだ絶賛発売中ですので是非お手に取ってお読み下さい。ご購入はコチラから←。今回は、こんにちは、私がパパよ的な一冊『赤ちゃんといっしょ』のご紹介でした。

|

« 『駅弁旅行』 | トップページ | 『鉢植園芸』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/42968267

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤ちゃんといっしょ』:

« 『駅弁旅行』 | トップページ | 『鉢植園芸』 »