« 『日本の名菓』 | トップページ | 英文版『JAPAN』 »

2009年11月21日 (土)

『世界の動物』『目からウロコの動物園』

Img_6744_2
Img_6727
カラーブックス16「世界の動物」福田 三郎 著(昭和37年初版、現在絶版)
カラーブックス889「目からウロコの動物園」小宮 輝之 著(平成8年初版、品切れ中)

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第52回目は、動物のことがよくわかるアニマルなカラーブックスをご紹介いたします。今回は、『世界の動物』『目からウロコの動物園』の二冊です。

私は上野動物園が好きです。いや、好きというより、頭から離れないトラウマがあるのです。それは私が保育園か小学校一年生頃のことでした。先生に引率されて上野動物園の西園を見学したのですが、当時、そこにはギリシャ風のパルテノン神殿のような建物があったのです(おそらく、戦前に建てられたものと思われます)。長い階段を昇って中に入ってみると、昼間でも暗い建物内部に水を張ったガラスの壁の巨大な生け簀のようなスペースがあり、その中には大きな木の根っこがクネクネと根を張り巡らしていました。よく見ると、その生け簀の中にワニがいるではありませんか。ここは両生類を見せるための施設だったようですが、それにしてもスペースがムダ使いのような、ちょっと不思議な空間でした。建物の廃墟テイスト、ワニがポツンといるシュールさ、ギリシャ風建築のディテール…30年近くたった今でも、そのときの様子がくっきりと頭に浮かびます。この施設はいつの間にか取り壊されてしまったようです…。

さて、1993年9月発行の月刊「東京人」の荒俣宏氏のインタビューで、中学生の氏が上野動物園へ通っていた時の思い出話にヒントとなる記述がありました。
「中学生になってよく通っていたのは水族館ですね。あの頃の水族館はたしか、大正時代に上野で行われた東京大正博覧会のときの会場をそのまま水族館にしたものなのだそうで、円形の大殿堂だったんです。高い階段を上がって入るんですが、ギリシャの神殿に入るような感じがしたなあ。」
やはりここだったようです、私にとっての動物園は、とても幻想的でエキゾチックな存在として心に刻まれているのでした。

閑話休題。今回ご紹介する『世界の動物』『目からウロコの動物園』は、前者が上野動物園の飼育課長をつとめて退職後は東京動物園協会嘱託をされていた福田三郎氏の著書、後者は2009年現在の上野動物園園長である小宮輝之氏の著書。ともに上野動物園つながりのカラーブックスなのであります。かたや昭和37(1962)年発行、かたや平成8(1996)年発行という、高度成長期もバブルも飛び越えた年代差があるのですが、動物たちの愛嬌ある表情、愛らしさは変わる事はありません。そして飼育係をつとめられてきた両著者の、動物たちを見守る温かい視点も同様です。今回は、細かい蘊蓄なんか抜きにして、動物たちの可愛い図版で癒されていただきたいと思います。昭和テイストと平成のアッサリ感を同時にお楽しみください。
Img_6741
↑『世界の動物』より、マレー半島・スマトラの動物分布図。手描きのリアルイラストがいかにも保育社らしい。こういうテイストの絵が載った本って、昔は小学校にいっぱいあったような気がする。
Img_6743
↑『世界の動物』より、トラ。おそらく表紙のやつの別角度バージョン。何故かカメラ目線でひとこと「何撮ってんだよ!」
Img_6742
↑『世界の動物』より、キリン。絵に描いたかのような典型的なキリンの写真は、そのままポストカードになりそう。商品化まで、首を長くしてお待ち下さい。
Img_6730
↑『目からウロコの動物園』より、タケノコを食べているトントン。「ほんとは竹と笹がいいんだけどなー。あ、これサトウキビじゃないよ。」
Img_6734
↑『目からウロコの動物園』より、ゴリラの豊かな表情集。上野動物園に来た古い順に並んでいます。この顔、やっぱりあの人の顔に似ていませんか? 誰かは秘密ですけど。
Img_6738
↑『目からウロコの動物園』より、ハリネズミ。一瞬、落ちた栗かと思いきや、何かが動いた!こりゃ、可愛くて思わず持って帰りたくなりますね。「触ると…刺すよ」。

さて、いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介いたしました『世界の動物』『目からウロコの動物園』は残念なことに絶版と品切れですが、動物を取り上げたカラーブックスは今も発売中ですので、是非ご参考になさってください。ご購入希望の方はコチラ←から。また、前に取り上げた『動物の観察』もゼヒご一読を。今回は、ガオーでパオーンな二冊『世界の動物』『目からウロコの動物園』のご紹介でした。

|

« 『日本の名菓』 | トップページ | 英文版『JAPAN』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/46815735

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の動物』『目からウロコの動物園』:

« 『日本の名菓』 | トップページ | 英文版『JAPAN』 »