« 『伊豆』 | トップページ | 『千代紙 型染紙』 »

2012年1月18日 (水)

『ペット』

Dscn0215
カラーブックス125「ペット –その種類と飼い方−」安斎 秀夫 著(昭和42年初版、現在絶版)

保育社カラーブックスシリーズの魅力をたっぷりとご紹介する「カラーブックスの達人」ブログ。第103回目は、思わず頭をなでて頬ずりしたくなるカラーブックスをご紹介いたします。今回は、読むだけで気分は飼い主な一冊、『ペット』です。

以前、当ブログの『ねこ』でもご紹介いたしましたが、私は約4年前から猫を飼っています。しかも3姉妹。実家は犬を飼っていたのですが、私は子どもの頃から犬が苦手でした。3匹いた犬も全員亡くなり、自分ではペットを飼うことなど一生ないと思い込んでいました。それが、急に猫をもらえることになり、一気に3匹もの家族が増えました。しかし、猫ちゃん達との生活は苦労の連続でした。家に来た当時はまったく慣れずクーラーの上に乗ったきり降りてこなかったり、慣れてきたと思ったら電気のコードを噛むクセがあってボロボロにされたり、家のあちこちにオシッコをひっかけられたり、障子や壁やソファで爪をといで傷だらけにされたり、夜中に大声で鳴き出したり、思わぬところにウ○コをされたり…、手を焼いた話は枚挙に暇がありません。しかし、そういうところも含めて可愛いわけで、ペットは立派な家族の一員なのでした。
20081105080956
↑我が家の三姉妹。ストーブを消そうとしたら「え!消すの!?」

閑話休題。今回ご紹介するカラーブックスは、犬や猫から蛇やトカゲまで、ペットとして飼われている動物を網羅した、ペットを飼いたい人のための入門書的な一冊です。著者は、当時、日本熱帯魚研究所長をつとめていた牧野信司氏。牧野氏は、「はじめに」で以下のように語っております。

「最近の愛好家のなかには、ペットの種類も多くさながら動物園の分園の観を呈しているかたもたくさんおられます。かく言う私も、温室内に熱帯ジャングルを再現して、トカゲやカメレオン、小鳥などを放し飼い、また熱帯魚の温室には、ポケットモンキー、クモザル、ヒクイドリ、カンムリバトを自由に連動させているほどで、そのにぎやかなことったらありません。」

たしかに、たくさんのペットに囲まれて住んでいると、毎日が動物園の中にいるような感じです。このカラーブックスが発売された昭和42年当時に、家庭で蛇や猿を飼っていた人はほとんどいなかったのではないでしょうか。今でこそ、巨大なニシキヘビが逃げ出したり、ワニガメが発見されたりして問題になっていますが、爬虫類や猿を飼っていた人は、よっぽどの動物好きか変わり者と思われていたに違いありません(ちなみに、私の父は実家で猿を飼っていたそうです…)。それでは、東京オリンピック閉幕から3年後の日本ペット事情がわかるカラー画像をたっぷりとご堪能ください。
Dscn0217
↑チンパンジー 
「松村さんのペット、チンパンジーのダン吉君は、当年三才、重さ14キロ。おふろもいっしょに入り、松村さんの「いいつけ」をよくききますが、目下いたずら盛り。しかし綱渡り、竹馬、三輪車乗りなど朝めし前。」ペットは飼い主に似るといいますが、こちらは飼い主が…(以下、自粛)。
Dscn0218
↑ヘビ(ボア)
「ヘビをきらう人は大へん多く、これは人類の先祖がヘビのようなはちゅう類に苦しめられた感情のなごりだともいわれるほどです。」スーツ姿の男性がかかえるのは、ニョロリと伸びたおヘビちゃん。やっぱり家にいたら気持悪いなぁ。
Dscn0219
↑アルマジロ
「昼間はごろ寝、夜中に活動というなまけものです。餌はミルクに食パンをひたしたもの、それに卵、ひき肉などを与えます。」つぶらな瞳がかわいいアルマジロ、ヨロイを着たネズミのような愛くるしさ…あれ、これ剥製じゃ??
Dscn0221
↑シャムネコ
「成長するにつれて耳、口、四肢、尾が黒くなり、目の輝きもなんとなくエキゾチックなふんいきをもつようになります。」青い目に白い身体、そして手作り工作っぽい猫ハウス。これぞカラーブックス的な一枚なり。
Dscn0222
↑エンゼルフィッシュ
「熱帯魚といえばたいていの人はこの魚を思いうかべるほど人気のあるものです。戦前の熱帯魚ブームの時代から大へん人気がありましたが、当時一般の人々にはとても手のとどくものではありませんでした。」これぞ、保育社「原色図鑑」シリーズを思わせる色合い。ところで、当時からこんな子供服あったんですね。

さて、いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介いたしました『ペット』は絶版ですが、「ねこ」「水族館」「日本の魚」などがそろった自然と科学のカラーブックスはまだ在庫がございますので是非どうぞ。ご購入希望の方はコチラ←から。今回は、やっぱり猫が好き!と改めて思う『ペット』のご紹介でした。

|

« 『伊豆』 | トップページ | 『千代紙 型染紙』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222326/53762457

この記事へのトラックバック一覧です: 『ペット』:

« 『伊豆』 | トップページ | 『千代紙 型染紙』 »